1.準備

1.1 参考

以前のインストールメモ、

および

DB2 Express-C 11.1 for Linux クイックインストール

を参考に、DB2 Express-C 環境を、Vagrant を利用して VirtualBox の仮想マシン上に作成する。

1.2 Vagrant

Vagrantを利用すると、仮想環境へのサーバーの構築が非常に簡単にできる。Vagrant入門ガイド Kindle版は、500円以下で購入できるので、全体像を把握するにはコストパフォーマンスが高いと思う。

Vagrantでは、Boxファイルという仮想マシンのベースとなるイメージファイルが必要になる。

Vagrantのリポジトリで、そのBoxファイルが公開されているのだが、Centos7を導入するには、Vagrant および VirtualBox をインストールしたのちに、

vagrant init centos/7 コマンドで初期化、vagrant up で仮想マシンの構築から起動まで行われるので、CentOSのインストール作業を行う必要がない。

ただ、DB2をインストールするには、GUI環境が必要なので、上記公式CentOSのBoxではなく、有志が作成し、公開されている、CentOS7にGUI環境を適用済みで公開されているBoxファイルを使用する。

Vagrant box カタログ

https://app.vagrantup.com/boxes/search

で、centos gui で検索、今回は検索で最上位に表示されたBoxを使用する。

vagrant_boxies

vagrant init pbarriscale/centos7-gui

上記コマンドで、環境の初期化を行うと、実行したフォルダに、Vagrantfile という設定ファイルが生成されるので、テキストエディタで、vb.gui = true に編集した後で、vagrant up コマンドを実行。CentOSがGUIモードで立ち上がる。停止時は、vagrant halt、vagrant ssh で SSH接続できる。

  config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
     # Display the VirtualBox GUI when booting the machine
    vb.gui = true
        :
  end

1.3 CentOS設定

SELinux を無効化

/etc/selinux/config を編集

#SELINUX=enforcing
SELINUX=disabled

Firewall の設定

管理用523ポートと接続用デフォルト5000ポートを開放する。

db2_firewall

2.DB2インストール

2.1 ダウンロード

IBMのサイトが非常に分かりにくいので、URLを示せないが、ググって以下のファイル(本体と言語パック)をダウンロード、上記でVagrantfileがあるフォルダに配置すると、ゲストOSと共有される。

v11.1_linuxx64_expc.tar.gz
v11.1_linuxx64_nlpack.tar.gz

root でログイン(ログインするには passwd root でパスワードを設定)、vagrant ディレクトリに共有されたファイル(v11.1_linuxx64_expc.tar.gz)を展開する。

db2_extract

解凍されたディレクトリ、expc/の中に言語パックを展開。後で適用もできるが、ここで上書きしておけばそれでOK

2.2 インストールの実行

/db2/expc/db2setup を実行

ダブルクリックで、エディタが起動してしまう場合は、ファイルを選択状態で、メニュー - ファイル - 設定 - 動作 から、実行可能形式のファイルは実行するにチェックして実行(もしくはターミナルから実行)

centos7_shell_run_gui

あとは、ウィザードに従いインストール

db2_install01

新規インストール

db2_install02

製品を選択

db2_install03

標準で。

以下の設定を準備しておく。

http://typea.info/blg/glob/2012/01/db2-express-c-97-centos-6.html

DB2管理サーバーのユーザー名 デフォルト:dasadm1
DB2のインスタンス・オーナー・ユーザー名 デフォルト:db2inst1
fencedユーザーのユーザー名 デフォルト:db2fenc1
インスタンスのTCP/IPポート番号 50000番

db2_install04

準備した設定に従い、ユーザーおよびパスワードを設定。

db2_install05

db2_install06

準備完了、完了ボタン。

db2_install07

インストールが実行される。

db2_install08

インストール完了。

db2inst1でログインしなおし、db2level コマンドで状況を確認。OSを再起動するか、db2start でDB2を起動

db2_install09

2.3 サンプルDBをインストール

$ db2sampl –xml –sql

db2_after_install03

3.DataStudioのインストールと実行

DB2の管理ツール、DataStudioのダウンロードとインストールを実行

http://typea.info/blg/glob/2011/05/db2-ibm-data-studio-sql.html

3.1 トラブルシュート

4.4.2 だと、結構な確率で、以下のエラーが発生する。

datastudio_err

org.osgi.framework.BundleException: モジュールの状態変更ロックを取得できませんでした:osgi.identity; osgi.identity="org.eclipse.core.runtime"; type="osgi.bundle"; version:Version="3.10.0.v20140318-2214"; singleton:="true" [id=1902] STOPPED [STARTED]
	at org.eclipse.osgi.container.Module.lockStateChange(Unknown Source)
	at org.eclipse.osgi.container.Module.stop(Unknown Source)
	at org.eclipse.osgi.container.ModuleContainer$ContainerStartLevel.decStartLevel(Unknown Source)
	at org.eclipse.osgi.container.ModuleContainer$ContainerStartLevel.doContainerStartLevel(Unknown Source)
	at org.eclipse.osgi.container.SystemModule.stopWorker(Unknown Source)
	at org.eclipse.osgi.internal.framework.EquinoxBundle$SystemBundle$EquinoxSystemModule.stopWorker(Unknown Source)
	at org.eclipse.osgi.container.Module.doStop(Unknown Source)
	at org.eclipse.osgi.container.Module.stop(Unknown Source)
	at org.eclipse.osgi.container.SystemModule.stop(Unknown Source)
	at org.eclipse.osgi.internal.framework.EquinoxBundle$SystemBundle$EquinoxSystemModule$1.run(Unknown Source)
	at java.lang.Thread.run(Unknown Source)

インストールフォルダ(例えば以下)の、ecplise.ini ファイル

C:\Program Files\IBM\DS4.1.2\eclipse.ini

から、

-Xquickstart

を削除することで解決。OKできた。

db2_install_success

以降は、上記で設定した、Vagrantfile の gui を falseにしとけばいい。

4.再利用

DB2のインストールができたので、vagrant の Boxイメージを作成しておき、再利用する。

4.1 Boxファイルの作成

http://typea.info/tips/wiki.cgi?page=Vagrant

centos7db2 というBoxを作成する

vagrant package default --output centos7db2.box

centos7db2.box というファイルが作成されるので、取り込みたいPCにコピーし以下を実行

vagrant box add centos7db2 centos7db2.box

あとは、同様に初期化と実行

vagrant init centos7db2

以上。

DB2使用者必携の良書!

Kotlinスタートブック を参考に、Android および Java で利用できる、HTTP クライアント、Retrofit を使用して、Web API (JSON)を Kotlinのモデルとして扱う。

驚くほど簡単。KotlinスタートブックはAndroidアプリをKotlinで作成するための要点が端的にまとめられている。個人的にはもう少し文章密度が高いほうが好みだが、手法をシンプルに知るにはこちらのほうが良いかも。

1.build.gradle (Module app)

build.gradle に以下を追加、retrofitから、リアクティブプログラミングのRxJava、Googleが提供するJSONとJavaオブジェクトを相互変換ライブラリGSONの設定を行う

dependencies {
            :
    def retrofitVersion = '2.4.0'
    compile "com.squareup.retrofit2:retrofit:$retrofitVersion"
    compile "com.squareup.retrofit2:adapter-rxjava:$retrofitVersion"
    compile "com.squareup.retrofit2:converter-gson:$retrofitVersion"
}

2.Model の定義

data class Category(
        val id: String,
        val name: String,
        val subCategoryList: List,
        val priority: Int
)

data class SubCategory(
        val id: String,
        val name: String,
        val priority: Int
)

3.APIのインターフェースを定義

interface ApiClient {
    @GET("/category")
    fun category(@Query("query") query: String) : Observable<List<Category>>
}

4.API呼び出し例

下記で記述するJSONを取得する、Webサービスを呼び出し、取得出来たらLogcatに内容を吐き出す。

private fun apiCategoryFetch() {
    val gson = GsonBuilder().setFieldNamingPolicy(FieldNamingPolicy.LOWER_CASE_WITH_UNDERSCORES).create()
    val retrofit = Retrofit.Builder()
            .baseUrl(CATEGORY_API_URL)
            .addConverterFactory(GsonConverterFactory.create(gson))
            .addCallAdapterFactory(RxJavaCallAdapterFactory.create())
            .build()
    val apiClient = retrofit.create(ApiClient::class.java)
    apiClient.category("")
            .subscribeOn(Schedulers.io())
            .subscribe({
                for (test in it) {
                    Log.i(TAG, String.format("%s", test))
                }
            }, {
                Log.w(TAG, "")
            })
}

5.JSON サンプル

以下のJSONを取得する。

[
  {
    "id": "690d2606-27a3-4fc5-96e9-a8c614c891da", 
    "name": "Category[0]", 
    "priority": 0, 
    "sub_category_list": [
      {
        "id": "1ac76014-d5f5-489e-bb7d-692a24544fd9", 
        "name": "SubCategory[0,0]", 
        "priority": 0
      }, 
      {
        "id": "69b5c1ab-59f9-4d73-8b26-1de678aa6fa9", 
        "name": "SubCategory[0,2]", 
        "priority": 2
      }, 
      {
        "id": "a6be8f99-653d-4eea-8cf5-0add0133bbb2", 
        "name": "SubCategory[0,1]", 
        "priority": 1
      }
    ]
  }, 
  {
    "id": "067a1604-d9da-4676-9c2f-7a0d1dbed6ec", 
    "name": "Category[1]", 
    "priority": 1, 
    "sub_category_list": [
      {
        "id": "4f5c8387-4b5e-47b5-9a3f-7890ba7ea840", 
        "name": "SubCategory[1,0]", 
        "priority": 0
      }, 
      {
        "id": "e789a851-8b06-4612-9ff3-fa4a70b15df9", 
        "name": "SubCategory[1,2]", 
        "priority": 2
      }, 
      {
        "id": "c1d66227-22b0-4fab-8500-953c78bb7a84", 
        "name": "SubCategory[1,1]", 
        "priority": 1
      }
    ]
  }, 
  {
    "id": "c4824082-d727-4dcb-9341-8f734d83dcf2", 
    "name": "Category[2]", 
    "priority": 2, 
    "sub_category_list": [
      {
        "id": "7d4e1da9-604e-47e9-9d64-4d0831d3335d", 
        "name": "SubCategory[2,0]", 
        "priority": 0
      }, 
      {
        "id": "9ff87596-f129-4bc0-bfac-427546e58809", 
        "name": "SubCategory[2,2]", 
        "priority": 2
      }, 
      {
        "id": "2ad260c8-9d11-4188-b596-49bc98e4987f", 
        "name": "SubCategory[2,1]", 
        "priority": 1
      }
    ]
  }
]

6.取得結果のLog

いい感じで取得できた。

07-01 23:16:09.976 22795-22849/info.typea.hoge I/@@@@@ MainActivity: Category(id=690d2606-27a3-4fc5-96e9-a8c614c891da, name=Category[0], subCategoryList=[SubCategory(id=1ac76014-d5f5-489e-bb7d-692a24544fd9, name=SubCategory[0,0], priority=0), SubCategory(id=69b5c1ab-59f9-4d73-8b26-1de678aa6fa9, name=SubCategory[0,2], priority=2), SubCategory(id=a6be8f99-653d-4eea-8cf5-0add0133bbb2, name=SubCategory[0,1], priority=1)], priority=0)
    Category(id=067a1604-d9da-4676-9c2f-7a0d1dbed6ec, name=Category[1], subCategoryList=[SubCategory(id=4f5c8387-4b5e-47b5-9a3f-7890ba7ea840, name=SubCategory[1,0], priority=0), SubCategory(id=e789a851-8b06-4612-9ff3-fa4a70b15df9, name=SubCategory[1,2], priority=2), SubCategory(id=c1d66227-22b0-4fab-8500-953c78bb7a84, name=SubCategory[1,1], priority=1)], priority=1)
07-01 23:16:09.986 22795-22849/info.typea.sentence2 I/@@@@@ MainActivity: Category(id=c4824082-d727-4dcb-9341-8f734d83dcf2, name=Category[2], subCategoryList=[SubCategory(id=7d4e1da9-604e-47e9-9d64-4d0831d3335d, name=SubCategory[2,0], priority=0), SubCategory(id=9ff87596-f129-4bc0-bfac-427546e58809, name=SubCategory[2,2], priority=2), SubCategory(id=2ad260c8-9d11-4188-b596-49bc98e4987f, name=SubCategory[2,1], priority=1)], priority=2)

久々にAndroid。Androidにかかわらず、何かサービスなりアプリケーションなり作成しようとすると、ログインの仕組みだとか作るのが面倒くさい、というかそのあたりを作り上げると力尽きてそもそも何がしたかったのかわからなくなることがままある。

自分を含め、という人のために、Baas(Backend as a service) という、バックエンド機構をサービスとして提供する考え方があり、GoogleのBaas、Firebaseを使用して、Androidアプリにメール認証機能を組み込む。

1.Firebaseアカウントを作成しメール認証を有効化

Firebaseにアカウントを登録して、プロジェクトを登録。無料で始められる

https://firebase.google.com/?hl=ja

firebase_auth_getstart

ログインプロバイダ、メール/パスワードを有効にする

firebase_auth_mail_enable

2.Android Studio でプロジェクトを作成しFirebaseアシスタントを使用

https://firebase.google.com/docs/android/setup?authuser=0

Tools から、Firebaseを選択すると、画面の右にチュートリアルが起動

firebase_assistant

Authentication の、Email and password authentication を展開

firebase_assistant2

ウィザード形式で手順が表示されるので、それに従う。

JavaのサンプルコードをなれないKotlinに読み替えつつ。

3.プログラムの作成

とりあえず、画面にメールアドレスとパスワード入力欄、ユーザー作成と、サインインボタンを配置し、MainActivityに上記チュートリアルのコードをKotlinに読み替えつつ、動作を簡易に確認できるレベルで実装してみる。

package info.typea.sentence2

import android.support.v7.app.AppCompatActivity
import android.os.Bundle
import android.util.Log
import android.widget.Button
import android.widget.EditText
import android.widget.TextView
import android.widget.Toast
import com.google.android.gms.tasks.Task
import com.google.firebase.auth.AuthResult
import com.google.firebase.auth.FirebaseAuth
import com.google.firebase.auth.FirebaseUser

class MainActivity : AppCompatActivity() {
    companion object {
        const val TAG: String = "MainActivity"
    }
    private var mAuth: FirebaseAuth? = null

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)

        mAuth = FirebaseAuth.getInstance()

        // ユーザー登録ボタン
        var btnCreate: Button = findViewById<Button>(R.id.btnCreate) as Button
        btnCreate.setOnClickListener{
            var email = (this.findViewById<EditText>(R.id.txtEmail) as EditText).text.toString()
            var password = (this.findViewById<EditText>(R.id.txtPassword) as EditText).text.toString()
            Log.i(TAG, String.format("create email=%s, password%s", email, password))
            createUserWithEmailAndPassword(email, password )
        }

        // サインインボタン
        var btnSignIn: Button = findViewById<Button>(R.id.btnSignIn) as Button
        btnSignIn.setOnClickListener{
            var email = (this.findViewById<EditText>(R.id.txtEmail) as EditText).text.toString()
            var password = (this.findViewById<EditText>(R.id.txtPassword) as EditText).text.toString()
            Log.i(TAG, String.format("signin email=%s, password%s", email, password))
            signInWithEmailAndPassword(email, password)
        }
    }

    override fun onStart() {
        super.onStart()

        var currentUser = mAuth?.currentUser
        updateUI(currentUser)
    }

    // 画面表示更新
    private fun updateUI(currentUser:FirebaseUser?) {
        Log.i(TAG, String.format("update ui user=%s", currentUser?.email.toString()))
        (findViewById<TextView>(R.id.lblUser) as TextView).text = currentUser?.email.toString()
    }

    // ユーザー登録処理
    private fun createUserWithEmailAndPassword(email: String, password: String) {
        mAuth?.createUserWithEmailAndPassword(email, password)?.addOnCompleteListener{
            task: Task<AuthResult> ->
                if (task.isSuccessful) {
                    Log.d(TAG, "createUserWithEmail:success")
                    var user = mAuth?.currentUser
                    updateUI(user)
                } else {
                    Log.w(TAG, "createUserWithEmail:failure")
                    Toast.makeText(this, "Authentication failed",Toast.LENGTH_SHORT).show()
                    updateUI(null)
                }
        }
    }

    // サインイン処理
    private fun signInWithEmailAndPassword(email: String, password: String) {
        mAuth?.signInWithEmailAndPassword(email, password)?.addOnCompleteListener{
            task: Task<AuthResult> ->
                if(task.isSuccessful) {
                    Log.d(TAG, "signInWithEmail:success")
                    var user = mAuth?.currentUser
                    updateUI(user)
                } else {
                    Log.w(TAG, "signInWithEmail:failure")
                    Toast.makeText(this, "Authentication failed",Toast.LENGTH_SHORT).show()
                    updateUI(null)
                }
        }
    }
}

4.実行

メールアドレスとパスワード(6桁以上)を設定し、CREATEボタンを押下

処理が成功して、画面最上段にメールアドレスが表示された。

firebase_auth_screen

Firebaseの管理画面上にも、入力したメールアドレスが登録された!

これは捗る。

firebase_auth_success