Android 実機(X06HT Desire)やっと入手!実機デバッグを試す

| コメント(0) | トラックバック(0)

いや、まちにまった、X06HT Desire よーーーーやく、実機が入手できました。

ここ3日くらいいろいろいじくってたんだけど、かなり使えるやつだ。うん。

 

Desire の入荷を待っていた1ヶ月半の間、いろいろ、サンプルソースを実装してみたりしてたが、搭載センサーのリストを取得したのを題材に実機をPCにUSB接続して実機でデバッグをしてみる。

デバイスドライバのインストール

*USB Driver for Windows

ドライバーは、SDK のコンポーネントとして事前にダウンロード済み

Desire 本体から、 メニュー - 設定 - アプリケーション - 開発 とたどっていき、

  • USBデバッグ
  • スリープを無効にする

のチェックをONにする。

マニュアルを見ると、接続すると、Windows Vista の場合、デバイスを検知して追加ウィザードが出る様なことが書いてあるが、でない。

Windows 7 だからか? と思いつつ、デバイスマネージャーから追加を試みる。

ドライバーソフトウェアの更新を選択し、

android_usb01

<SDK>\usb_driver ディレクトリを指定し

android_usb02

すでにインストールされているようだ。Windows 7 だと勝手にインストールされるのか?もしくは、SDK やら ADT やらの時にインストールされたのか?

まぁいいや。

android_usb02_1

> adb devices で、接続を確認

接続されてる!

android_usb03

Eclipse から サンプルを実行

搭載センサーのリストを取得するプログラムを実行してみる。

プロジェクトのコンテキストメニューから、Debug Configurations を押下

Target タブで、Manual を指定しておく。(デバッグ時に、エミュレータ、実機の選択が可能になる)

android_usb04

プロジェクトのデバッグ(コンテキストメニューから、Debug As -Android Application)

Target 選択画面が開くので、実機を選択

android_usb05

 

実機で起動!

おお、動いた。

というか、めちゃめちゃ早い。こりゃエミュレータ使うのがばからしくなるな。

android_usg06

搭載センサーの一覧

android_usb07

エミュレータで感じるストレスが全くなく、すごく快適だ。

まぁ、ノート-パソコン並みの実機を使ってるのだから当たり前か。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://typea.info/mt/mt-tb.cgi/221

コメントする

このブログ記事について

このページは、pirotoが2010年6月15日 23:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Java static クラス」です。

次のブログ記事は「Android(X06HT Desire) 搭載センサーの値を取得してみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.02