Android 開発環境構築 ステップ・バイ・ステップ (2) ~ Android SDKのインストールと エミュレータの作成

JDK のインストール、Eclipse のインストールと日本語化 に続いて、Android SDK をインストールし、エミュレータ起動確認までして、開発準備が整うところまで行う。

Android SDK のインストール

Windows 用のインストーラー(exe) をダウンロード

http://developer.android.com/sdk/index.html

android_inst38 

インストール

ダウンロードした、インストーラを起動し、ウィザードに従う。

後で必要になるので、インストール先を覚えておく

C:\Program Files\Android\android-sdk-windows

android_inst39

インストールが完了し、「起動する」にチェックを入れOKとすると、以下のように「Android SDK and AVD Manager」 が立ち上がるが、後ほど、Eclipse 経由で実行するので、ここでは起動しなくて良い。

android_inst40

SDK のインストールといいつつ、これは、スターターパッケージで、実際のSDK は、開発対象となるSDKのバージョンなどを指定して、個別にインストールすることになる。

ADT Eclipse プラグインのインストール

http://developer.android.com/sdk/eclipse-adt.html#installing

ADT (Android Development Tools) という、Android アプリケーションを構築するための統合された環境のEclipse 用プラグインをインストールする。推奨の方法で、ほとんどのことがEclipse からできる用になる。

インストール

Eclipse を起動し、メニュー - ヘルプ - 新規ソフトウェアのインストール を選択。

右上の 「追加」ボタンを押下して開いたダイアログに以下の値を設定する。

名前 : ADT Plugin

ロケーション : https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

android_inst42

開発ツールのチェックを選択して、「次へ」

android_inst43

次画面では、インストール項目の確認が行われるので、ここも「次へ」

次画面で、ライセンス条項に同意して、「完了」

インストールが完了すると、再起動を促されるので従う。

ADT プラグインの設定

Eclipse が再起動したら、メニュー - ヘルプ - 設定 から設定画面を起動。

左ペインにて、Android を選択し、右側の「SDKロケーション」に先ほど控えたSDKのインストール先を選択し、OK

android_inst44

Android SDK および AVD マネージャの起動

メニュー - ウィンドウ から、Android SDK および AVD マネージャー を選択する

android_inst45

左側で、Available package を選択すると、現在インストール可能なパッケージを選択できるようになる。

後から必要に応じて再度インストールできるので、とりあえず以下をチェックしてインストールする。

  • Android SDK Platform-tools : 必須
  • SDK Platform Android 2.2 API 8 revision 2 : いずれかのバージョンは必須
  • Documentation : ドキュメントをオフラインで参照。Eclipseから利用もできる
  • Samples : サンプルプロジェクトを実行でき、コードを参考にできる。非常に有用。
  • Google APIs : Google Map 等、Android SDK に含まれず、Google が提供しているライブラリを使う場合に必要
  • Google USB Driver package : Windows で実機をUSB接続して使う場合に必要なドライバ

android_inst46

※ コード補完でEclipse が固まってしまう件の対処

Android 関係のコード補完、例えばActivity の派生クラスなどを行うと、確実にEclipse がフリーズする事象がが発生。1分程度待てば回復するのだがかなりいらつく。

こちら にて対処法が紹介されている。Eclipse3.6.1 + ADT にて発生するようだ。org.eclipse.jdt.core_3.6.1.v_A68_R36x.zip をダウンロード、解凍し、Plugins フォルダを、Eclipse のディレクトリに上書きすることで解消。

エミュレーターの作成

インストールが完了したら、そのまま、Android SDK および AVD マネージャー 画面の左側の、Virtual devices を選択し、「新規」ボタンを押下する。

起動したダイアログに、対象となる実機を想定した値を設定し、「CreateAVD」ボタンを押下。

android_inst47

作成できたら、エミュレータを、開始してみる。

android_inst48

しばらくかかる・・・

android_inst49

起動した。

これでとりあえず、開発するための環境は整った。

Android 入門本の私的レビュー