acer ASPIRE 1830Z 購入 さようなら HP Pavilion tx2000

決死の覚悟で予算を投入し HP Pavilion tx2000 の加熱対策修理を実行した甲斐もなく、結局彼はまた動かなくなってしまった。

これ以上彼を苦しめまい。未来の技術に期待して、コールドスリープしてもらうことを決意し、次期メインノートPCを、acer Aspire 1830Z-A52C/K に決定した。

 

最初、DELL Inspiron M101z にしようと思ってたんだけど、楽天のDELL ショップに問い合わせたら、Inspiron M101z は取り扱ってないとのこと。キャッシュがないので、次期ノートPC用にとちまちまためてきた楽天ポイントを使わないと新調できないんだよなーということで、あきらめ。

安いマシンがいいのだけれど、知人とかから ネットブックは使えんという話を聞いていたので、「Intel Atom プロセッサ搭載マシンはやめとこう」くらい知識のなさ丸出しで、CPU性能比較表 このサイトとか参考にして、選定。

acer Aspire 1830Z-A52C/K は、プロバイダー契約込みで格安で売られていたりと、安物感がしないでもないが、価格(ポイントもついて、45,680円 ・・・だったが、今見たら若干上がっている。購入時はキャンペーンだったのかな)と性能を勘案すると、自分の中ではベターなチョイスではないかな。

で、購入後およそ一ヶ月たったので、使用感などをレビューなど。

届いた感じ

佐川急便で発送されてきた。昔の経験で、あまりよいイメージは持ってなかったのだが、荷物の発送状態が逐一Web上で確認できたため非常に助かった。こういうものを買うと、現状のステータスがわからなくてやきもきしがちなんだよね。

まず、箱、ちっちゃ。

acer_1830z01

段ボールを開けると、ちょっとこじゃれた?感じの箱に入っていて、開封したら「開封済み」ってなるシールが貼られている。同梱されているものも少ない。実質アダプターと簡単な説明書だけ。

acer_1830z02

動かしてみた感じ

おー、薄くて軽い。十分持ち運べる。

acer_1830z09

キーボード

キー配列はこんな感じ。

acer_1830z03

キートップは、こんな感じで、タイルみたいにしゃれた感じになっている。

acer_1830z04

デスクトップ用のキーボードの常識を引きずってか、ほとんど平面なのに、だまし絵のように台形になっているノートPCのキーボードに比べて見た目はこっちの方が好きだな。

打鍵感はあまりないが、ぺこぺこすぎもせず、悪くないと思う。

一点気になるのは、Home と End キーが、右下の方向キーのあたりにあって、Fn キーと同時押しする必要がある点。結構 Home とか End 頻用するんだけど、デスクトップと配列が違うと、タイプの時に意識してしまって気持ち悪いんだよなー。でも、この手のちっちゃいPCではどれも同じようなものだろうし、しょうがないんだろう。そこ以外は自分的にはOK。

天板

天板には、縄文式土器?ではないが、布を粘土にあてたような模様になっている。

指紋がつかず、滑りにくいのが利点か。プラスチックテイストで若干安っぽい感じもしないでもないが。

acer_1830z06

背面の謎のシール

キーボードの Home、End キーの位置と、もう一つこのマシンの嫌な点。

背面のパネルのねじ穴に、「WARRANTY VOID IF SEAL IS BROAKEN」 ってシールが貼ってある。

要するに、メモリの増設とかは、このシールをはがさないとできないんだが、はがすと、保証が無効ですよってことだろう。

せっかく、Windows 7 64bit だし、2,000円 程度と、メモリも安い(Transcend JetRam ノートPC用増設メモリ DDR3-1066 2GB 永久保証 JM1066KSU-2G) ので増設したいのに・・・

今までの自分なら、はがすことを強行していただろうが、保証期間の重要さを身にしみて感じた今となっては、保証期間が終了するまでこのまま2Gでいって、切れたら4Gにしようと思う。

まぁ、現時点の使い方では、2Gでも不便を感じていないのは感じていないのだが。

acer_1830z05

画面サイズ

実機を見ずに購入してしまった(注文してから、電気屋さんで確認した)のだが、11.6 インチ って小さいかなー という不安がちょっと購入前にあったのだが、Android Hacks と比較するとこんな感じ。

ってこちらも、主な用途が今のところ、Eclipse の利用なので、自分にとっては十分。

acer_1830z07

バッテリー

バッテリーも十分持つ。厳密に何時間とか計測するタイプの性格ではないし、使い方によっても違うと思うが、4、5時間は持つ感じ。

末期の tx2000 は、5分と持たなかったので、永遠に持つように感じる。

本体も軽い(1.4kg)し、今後セミナーやカンファレンスにもっていけるなーと思うとちょっとうれしい。

バッテリーって劣化するもののようなので、本来は半分くらい充電した状態で冷暗所に置いておくと劣化を防げるらしいのだが、そうもいかないので、ACアダプターを接続したまま使い続けないように位は気をつけておこう。

Bluetooth 非搭載

何だよなーって、自分はBluetooth ほとんど使わないので問題なし。

USB ポートは左側面に1つ、右側面に2つあるので、必要なら、こんなのを買えばいいかな。安いし。小さい。

タッチパッド

一応マルチタッチとか対応しているが、そんなに使えない。

普通。

WiMax 搭載

Bluetooth は乗っていないが、WiMax 搭載はうれしい。

UQWiMax には、 24時間 600円 で使い放題というプランがあり、クレジットカードを登録しておくと、ブラウザから利用申込ができ、そこから24時間利用になる。日常的に外出先でインターネットにPCを接続する必要性がないので、必要な時のみ限定で利用可能なこういったプランはうれしい。

Desire が rootとることなしにテザリング対応してくれれば、いいのだけれどなぁ。

wimax

んーそんな感じ。

おおむね満足してます。