DB2 IBM Data Studio データベースへの接続とSQLの発行

IBM Data Studio

IBM  Data  Studio  は、現在使用が推奨されない「コントロール・センター」や「コマンド・エディター」などの  DB2  ツールに置き換わるものです  (「コントロール・センター」、「コマンド・エディター」は  DB2  には組み込まれているものの、現在開発は行われていません)。

だそうだ。

ダウンロード

IBM Data Studio Standalone

http://www.ibm.com/services/forms/preLogin.do?lang=en_US&source=swg-idssa

IBM Data Studio (IDE)

http://www.ibm.com/services/forms/preLogin.do?lang=en_US&source=swg-idside

 db2_express_c_22

Eclipse ベースのツール。ダウンロードして適当なフォルダに展開

接続

作成した、DB2 Express-C に接続する。別ホストのため、ファイヤーウォール設定で 50000番ポートを開ける。

data_studio01

新規接続プロファイルの作成

管理エクスプローラーの「新規」ドロップダウンを選択し、「新規接続プロファイル」を選択

data_studio00

接続パラメータを指定

作成したサンプルデータベースに接続してみる

data_studio02

終了で、接続完了

data_studio03

SQLの発行

データ開発プロジェクトの作成

データ・プロジェクト・エクスプローラー のコンテキストメニューから、「データ開発プロジェクト」を選択

data_studio06

次へ

data_studio07

パスワードを入力

パスワードの一部の「o」を押すと、オプションタブに切り替わってしまい入力できない???

コピー&ペーストで、パスワードを入力

data_studio08

SQLスクリプトの作成

データ・プロジェクト・エクスプローラーのSQLスクリプトのコンテキストメニューから、新規-SQL または XQueryスクリプトを選択

data_studio09

SQLを入力して実行

data_studio10

以上。