Windows Live Writer の下書きを Dropbox を使って共有する

言わずと知れた、Dropbox は Windows や Linux や Android などどこからでも アクセスできるクラウドベースのファイル共有サービス。しかも2Gまでは無料。


書斎のPCで作成したファイルの編集の続きをリビングのノートPCで行ったりすることが容易なだけでなく、外出先で Android 端末から見たり編集したりすることができる。しかも履歴管理がなされているので、ある時点にファイルを戻したり、削除したファイルを復元したりと、非常に有用なサービスでかなり重宝している。


で、大体重要なファイルとか、Mindmap など場所を選ばず編集したいファイルなどは、Dropboxフォルダにつっこんでいるのだが、ブログを書くのに結構使い勝手が良いので気にっている、Windows Live Writer は、そもそも、ファイルを保存する先を選べない。。。

自分の時間があるときに書斎で書き始めたブログの続きを、Dropbox に保存しといて、続きをリビングで子供をいなしながら書くことができない。

livewriter01

1.Windows Live Writer のファイルの保存先

下書きファイルだけでなく、投稿済みのファイルも ドキュメントフォルダの下の My Weblog Posts フォルダに格納されている。

"%USERPROFILE%\Documents\My Weblog Posts\"

livewriter02

2.Windows Live Wirter の下書きフォルダを Dropbox で共有する手順

上記のフォルダ配下に、Drafts という名前のフォルダがあり、ここに下書きファイルが保存されている。

2.1 手順1:下書きフォルダを Dropbox フォルダに移動

自分は、BlogDrafts という名前で、Dropbox のフォルダに移動した。これで、Windows Live Writer の下書きファイルは Dropbox の管理下に入った。

2.2 手順2:下書きフォルダをリンクする

あとは、Windows Live Writer にどうやってこちらのフォルダを参照させるかだが、シンボリックリンクを利用する。

シンボリックリンクというと、Linux 等でしか利用できない様なイメージだが、Windows でも利用できる。

MKLINK [[/D] | [/H] | [/J]] リンク ターゲット

       /D          ディレクトリのシンボリック リンクを作成します。既定では、
                   ファイルのシンボリック リンクが作成されます。
       /H          シンボリック リンクではなく、ハード リンクを作成します。
       /J          ディレクトリ ジャンクションを作成します。
       リンク      新しいシンボリック リンク名を指定します。
       ターゲット  新しいリンクが参照するパス (相対または絶対)
                   を指定します。

ただ、Windows Vista 以降なのかな? Windows XPだと無理かも。

 

mklink /d  作成するリンクフォルダ  リンクの参照先フォルダ

C:\Windows\system32>mklink /d "C:\Users\piroto\Documents\My Weblog Posts\Drafts"
C:\Users\piroto\Dropbox\BlogDrafts
C:\Users\piroto\Documents\My Weblog Posts\Drafts <<===>> C:\Users\piroto\Dropbox

以上でめでたく、Dropbox を利用して Windows Live Writer の 下書きを複数PCで共有することができる用になりました!

livewriter03

アイコンはショートカットですが、種類がフォルダになっています。ショートカットではきちんと動きません。

ちなみに、Windows では ハードリンクも作成できますよ。

fsutil hardlink create 作成するリンク リンクの対象