CentOS に Oracle JDKをインストール

http://www.if-not-true-then-false.com/2010/install-sun-oracle-java-jdk-jre-7-on-fedora-centos-red-hat-rhel/

CentOS をインストールするとOpenJDKがインストールされているので、Oracle謹製のJDKをインストールする。

から、rpm をダウンロード。

glassfish_install_01

Java 8 が出たが、GlassFish を試したいので、Java 7 のインストールを行う。

ルートになって、rpm の更新

$ su
# rpm -Uvh jdk-7u51-linux-i586.rpm 
準備中...                ########################################### [100%]
   1:jdk                 ########################################### [100%]
Unpacking JAR files...
 	rt.jar...
	jsse.jar...
	charsets.jar...
	tools.jar...
	localedata.jar...
	jfxrt.jar...
	plugin.jar...
	javaws.jar...
	deploy.jar...

デフォルトコマンドのシンボリックリンクを設定する、alternatives を利用してインストールしたJDKをjavaおよびjavacコマンドが指すように設定する。

使用法 : alternatives - install <リンク> <名前> <パス> <優先度>

# alternatives --install /usr/bin/java java /usr/java/latest/bin/java 200000
# alternatives --install /usr/bin/javac javac /usr/java/latest/bin/javac 200000
# alternatives --install /usr/bin/jar jar /usr/java/latest/bin/jar 200000

alternativesで確認

# alternatives --config java
 
3 プログラムがあり 'java' を提供します。
 
  選択       コマンド
-----------------------------------------------
   1           /usr/lib/jvm/jre-1.7.0-openjdk/bin/java
   2           /usr/lib/jvm/jre-1.6.0-openjdk/bin/java
*+ 3           /usr/java/latest/bin/java

コマンドをたたいて確認

java

# java -version
java version "1.7.0_51"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_51-b13)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 24.51-b03, mixed mode, sharing) 

javac

# javac -version
javac 1.7.0_51

OK!