Visual Studio Code で C# コンソールアプリケーションのデバッグとExeを生成

Visual Studio Code ができる子なので、開発環境をよせていってます。

C#のちょっとした検証とかを行うのに Visual Studio 立ち上げるのは重いので、Visual Studio Code でできるといい感じ。昔のSharpDevelopみたいに。って、今でもあるか。

ということで、以下を参考に構築する。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/csharp/getting-started/with-visual-studio-code

1. .NET Coreのインストール

1.1 .NET Core

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/core/

Visual Studio CodeでC#を使うには、.NET Core SDK を使用する必要があるようだ。

.NET Core とは、すべての.NETランタイムで実行できることを目的としたAPIの正式仕様である .NET標準ライブラリを実装した、クロスプラットフォーム(Windows,macOs,Linux) で、オープンソース(MIT,apache2 ライセンス) な開発プラットフォーム。

.NET標準ライブラリ を通して、.NET Framework、Xamarin、Mono と互換性があり、Microsoftによってサポートされている。

自己完結型の展開 として、.NET Core ライブラリ、.NET Core ランタイムすべてをアプリケーションに含んで展開を行うことが可能となっている。

1.2 ダウンロードとインストール

https://www.microsoft.com/net/download/core

上記からSDKをダウンロードしてインストール。

vscode_with_cs01

2. C# 拡張機能のインストール

https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=ms-vscode.csharp

Visual Studio Codeを起動し、以下を実行

  • Ctrl + p
  • ext install csharp
  • インストール

vscode_with_cs02

3. コンソールプロジェクトの作成

3.1 Visual  Studio Code で、以下のキーを押下し端末を起動する。

Ctrl + @

3.2 コンソールプロジェクトの作成

PS C:\workspaces\vscode\cslesson> dotnet new cnsole

vscode_with_cs03

Hello world プロジェクトが作成された。

vscode_with_cs04

3.3 ビルドに必要な.NET Core パッケージにアクセス

PS C:\workspaces\vscode\cslesson> dotnet restore

4.実行

PS C:\workspaces\vscode\cslesson> dotnet run

実行された!

vscode_with_cs05

5.デバッグ

ブレークポイントをはったり、ステップ実行をする。

「Required assets to build and debug are missing from ‘{app name}’. Add them?」と聞かれるので、Yes を選択する。

vscode_with_cs06

F5 でデバッグ実行。

左端から、虫のアイコンを押して、上部の 再生ボタンから、「.NET Core launch(console)」の実行でもよい。歯車アイコンから、起動パラメータなどの設定も可能。

vscode_with_cs07

https://github.com/OmniSharp/omnisharp-vscode/blob/master/debugger.md

6.展開

.NET Core アプリケーションの展開

Deployint .NET Core apps with command-line interface (CLI) tools

6.1 コンソール Exe アプリケーションを作成する。

プロジェクトファイル .csproj を開き、RuntimeIdentifiers に、対象ターゲットを指定する。

<PropertyGroup>
 <OutputType>Exe</OutputType>
 <TargetFramework>netcoreapp1.1</TargetFramework>
 <RuntimeIdentifiers>win10-x64</RuntimeIdentifiers>
</PropertyGroup>

6.2 ビルド

> dotnet restore

デバッグビルド

> dotnet build

ターゲットを指定してビルド

> dotnet publish -c Release -r win10-x64

/bin/Release/netcoreapp1.1/win10-x64/  以下に EXEが生成された。

vscode_with_cs08

実行してみる。

vscode_with_cs09

OK!