Windows 10 Home は、リモートデスクトップのサーバー側にはなれない。

Windows 10 10 Pro だとなれる。VNCだとか、Chrome リモートデスクトップだとか使えば、遠隔操作はできるんだけど、リモートデスクトップの遠隔操作をしていることを感じさせない使用感から比べると一つ落ちる。

というときに、WDP Wrapper というソフトをインストールすると、Windows 10 10 Homeをリモートデスクトップのサーバーとすることができる。

https://github.com/stascorp/rdpwrap/releases

手順としては、上記サイトからから、

  1. 最新バージョンのzip ファイルをダウンロード解凍(今回は、RDPWrap-v1.6.1.zip の話)
  2. install.bat を管理者として実行
  3. update.bat を管理者として実行
  4. 再起動

。。。これで問題なければOK、ならよかったのだが、ちょっとはまったので、メモ。

1.Lisner state が not listening になっていて接続できない

上記 zip を解凍したフォルダに、RDPConf.exe があるので、実行すると設定画面が開くが、Listener state: Not listening となっている。

drp_error

また、RDPCheck.exeを起動すると、接続の確認ができるのだが、エラーとなってしまう。

2.対処手順

Listener is not listening on Win 10 Home (build 14997+) のスレッドの手順から、

2.1 rfxvmt.dll の適用

(1) RDP Wrapperサイトからダウンロードし解凍

64-bit Windows 10 : https://github.com/stascorp/rdpwrap/files/1236856/rfxvmt.zip
32-bit Windows 10 : https://github.com/stascorp/rdpwrap/files/1238499/rfxvmt.zip

(2) 解凍して、できた rfxvmt.dll を c:\Windows\System32 フォルダ直下にコピー

3.確認

RDPConf.exe を起動すると、not listening が listening になっている!

rdp_wrapper01

RDPCheck.exe を起動すると、以下の確認メッセージのあと、

rdp_wrapper02

どうやら接続確認できたようだ。

rdp_wrapper03

別PCから確認してみる。

通常とは少し異なる確認メッセージが表示されるが続行

rdp_wrapper04

OK!接続できた。

rdp_wrapper05

これは捗る。

1.Google Cloud Platform 無料枠が魅力!

2年ほどまえに、AWSで、アプリケーションを作りかけていたのだが、

無料期間が過ぎたら、思いのほか費用がかさむため、AWS から撤退した。

結局ホビーユースなら、VPS がお安いしお手軽なんだろうと思ってたところ、Google Cloud Platform の常時無料プランが拡大!

一部引用すると

  • 常時無料プランは今や小さなアプリケーションをGoogleのクラウドで動かすに十分なパワーを持ち、拡張された無料トライアルプログラムとは別に提供される
  • 無料プランが提供されるのは、us-east1, us-west1, us-central1の3リージョンのみ
  • GoogleのAWS対抗策の強化だ。AWSの12か月トライアル以外の常時無料プランには仮想マシンが含まれない(仮想マシンは12か月のみ)
  • AWSも近いうちに、無料版に関してGoogleと横並びするだろう。
  • デベロッパーは、自分のホビープロジェクトを動かしていたプラットホームを仕事用・会社用にも使いがち(あるいは推薦しがち)だ。

おお!これは使うしかない!

AWSが横並びしてくれるならそれはそれでうれしいけどな。ほんとに横並ぶかしら。

Always Freeの使用制限

https://cloud.google.com/free/docs/always-free-usage-limits

  • 1 日あたり 28 インスタンス時間
  • 5 GB のクラウド ストレージ
  • 1 日あたり下り 1 GB
  • 共有 Memcache
  • 1 日あたり 1000 回の検索オペレーション、10 MB の検索インデックス作成
  • 1 日あたり 100 件のメール

2.クライアントツールのインストール

ということで、クイックスタートに従い、クライアントツールをインストール。

https://cloud.google.com/sdk/docs/?hl=ja

Python 2.7.9 以降がシステムにインストールされていない場合は、Bundled Python をインストールするオプションがオンになっていることを確認

Python 2.7.9 以降!?、3系はOKと思っていいのか!? 今システムには、Python3.6が入っているので、下手に2系をインストールして環境を壊したくないぞ!

とりあえず、Bundled Python チェックを OFFにしてインストールしてみる

(マウスオーバーのメッセージを見ると、Python2.7が必要によめるけどな)

最終的には、以下の対処を行って、ONにしたままでインストールする!

cloud_sdk_installer

実際、インストールしたら、エラーで失敗した。インストーラーが3系に対応していない!?

ということで、ググると、Python3 → Python2 の順にインストールして、共存できるようだ。知らんかった。

3.Python2.7のインストール

http://web.plus-idea.net/2017/02/python2-3-venv-virtualenv/

Python3をインストールするときの注意

最初にPython3系をインストールをインストールします。インストール時のオプションはデフォルトでOKです。注意点は「Add Python to environment variables」はチェックを外しておき、環境変数のPATHにこのバージョンのpython.exeが追加されないようにしておきます。

これは、すでにインストール済みなので無視するしかない。

おそらく、Googleのツールは、システムにインストールされてさえいればよく、環境設定は、実行時にパスを探し出してうまいことうごくようになっているにちがいない!

Python2をインストールするときの注意

ほとんどデフォルトのオプションでOKですが、注意点は、以下のように「Register Extentions」を外すことです。 これがチェック入っていると、.pyファイルが実行されるときのpythonが上書きされてしまいます。

指示に従い、チェックOFFで、インストールを完了させます

python27_install

py –3 で、3系が、py -2 で2系が起動するようになった。

py だと、デフォルトで3系が起動するが、PY_PYTHON=2 という環境変数を設定しておけば、2系がデフォルトになるようだ。

詳しくは、https://docs.python.jp/3/using/windows.html

python_run_multi_version

3.クライアントツールのインストール再度

※ SDK ディレクトリの配下をSDKツールが更新に行くので、Program Files ディレクトリ以外にインストールしたほうがよいかも

再度インストールを実行

gcloud_installer

gcloud_installed

今度は問題なくインストールできた!

hander_replace_fragment

ActivActivity から 動的にFragmentを呼び出した状態 から、Fragmentを入れ替える。

https://github.com/pppiroto/KaigiUtil/tree/c043c2b7ba37827ac39cc8420781b8a17b234802

入れ替えるのに、指定時間ウェイトする。

指定時間ウェイトするには、Handler.postDelayed() を使って、指定時間後にRunnableを実行するように設定。Runnableの処理は、Handlerがアタッチされたスレッド(UIスレッド)で実行されるため、Runnableの中で、呼び出し元のメソッドを呼び出すことができる。

Fragmentは、FragmentTransaction.replace() を用いてコンテナに追加されているFragmentを置き換える。

package info.typea.kaigiutil.contents.dummycall;

import android.os.Bundle;
import android.os.Handler;
import android.support.annotation.Nullable;
import android.support.v4.app.Fragment;
import android.support.v4.app.FragmentManager;
import android.view.LayoutInflater;
import android.view.View;
import android.view.ViewGroup;
import android.widget.Toast;

import info.typea.kaigiutil.R;

public class DummyCallingFragment extends Fragment implements View.OnClickListener {
    private static final String ARG_MSG = "message";

    public DummyCallingFragment() {
    }

    public static DummyCallingFragment newInstance(String message) {
        DummyCallingFragment fragment = new DummyCallingFragment();
        Bundle args = new Bundle();
        args.putString(ARG_MSG, message);
        fragment.setArguments(args);
        return fragment;
    }

    @Override
    public View onCreateView(LayoutInflater inflater, @Nullable ViewGroup container, @Nullable Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreateView(inflater, container, savedInstanceState);
        View view = inflater.inflate(R.layout.fragment_dummy_calling, container, false);

        view.findViewById(R.id.btn_dummy_calling).setOnClickListener(this);

        return view;
    }

    private void dummyCallback() {
        Toast.makeText(this.getContext(),
                "Call back", Toast.LENGTH_LONG).show();

        FragmentManager fragmentManager =  this.getActivity().getSupportFragmentManager();
        fragmentManager.beginTransaction()
                .replace(R.id.content_fragment_container,
                        CallingScreenFragment.newInstance("test message"))
                .addToBackStack(null)
                .commit();
    }

    @Override
    public void onClick(View v) {
        switch(v.getId()) {
            case R.id.btn_dummy_calling:

                Handler hander = new Handler();
                hander.postDelayed(new Runnable() {
                    @Override
                    public void run() {
                        dummyCallback();
                    }
                }, 10000);

                break;
            default:
                break;
        }
    }
}