トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

関係計算


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

関係計算


述語論理


「述語」(性質)に着目して「量化」をつかって論理関係をあつかう。

「水星は太陽をまわる」、「金星は太陽をまわる」・・・という命題を用いて、 「太陽系のすべての惑星は太陽のまわりをまわる」を表現するには 「水星は太陽をまわる」 AND 「金星は太陽をまわる」・・・ で表現すればよい しかし、「すべての人間は善良である」を同様の命題論理式では 表現しきれない。

作用素を使用して上記を表現する。

作用素 (quantifier)


次の2つの表現を表す演算を作用素という。 これらは x を含む文章の前におかれて、真か偽の新しい命題を作る

全称作用素

「すべての x に対して、・・・」

∀ 全称作用素 といい、∀x と書く 

存在作用素

「・・・のような x が存在する」
∃ 存在作用素 といい、∃x と書く

たとえば、「x が 3 より大きければ、xは正数である」という命題は、 標準的には次のように書ける。 すべての x について、もしも x が 3 より大きければ、x は正数である。」

( ∀x )( x > 3 ⇒ x > 0 )

簡略化して、

( ∀x > 3 )  x > 0

また、「x^2 = 2 である実数 x が存在する」という命題は、 標準的には次のように書ける。 「x は実数でかつ x^2 のような x が存在する」

( ∃ x )( x ∈ R ∧ x^2 = 2 )

簡略化して、

( ∃ x ∈ R ) x^2 = 2



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.