トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

正規化


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

正規化(normalization)

[Database]

 第1正規形(1NF)


定義 条件
関係Rがその属性に非単純定義域(繰返しグループ)をひとつも含まないもの 繰返しグループの排除

  • フラットな表に変換
  • 繰返し部分を分解(繰返しグループに元の主キーを埋め込んで関係を分解)

 第2正規形(2NF)

定義 条件
関係Rが第1正規形である。関係Rのキー以外の属性はすべて、関係Rの各候補キーに完全関数従属である 部分関数従属の排除

 第3正規形(3NF)

定義 条件
Rが第2正規形である。関係Rのキー以外の属性はすべて、関係Rの各候補キーに推移関数従属しない 推移関数従属の排除

 ボイス-コッドの第3正規形(BCNF)

定義
関係Rが第1正規形である。関数従属のすべての決定項は候補キーである

 第4正規形(4NF)

定義
関係Rが第1正規形である。関係Rには自明な多値従属しか存在しない

多値従属性

    • 属性 X の実現値がきまると属性 Z が決まるとき、 属性 X に属性集合 Yを加えて決まる属性も同じ実現値を持つとき、 属性 Z は属性 X に多値従属である
    • X →→ Z と表記
    • X →→ Y も成り立つ場合、対象性のある多値従属性、自明でない多値従属性といい X →→ Y|Z と表記
    • 要するに、Y , Z 値の集合が X 値のみに依存しそれぞれ Y , Z 値と独立している。

関数従属は X →→ Y の場合、Y 側は Y 値の集合が対応するが、X → Y の場合 Y 側はただ1つの値にに決まるという意味で、多値従属の特殊な場合である (多値従属は、関数従属の一般化)


 第5正規形(5NF)

定義
関係R( X1 , X2 , ・・・ Xm )を射影により分解した関係を R1( X1 ) , R2( X2 ) , ・・・ Rm( Xm )とする。 R1 , R2 , ・・・ Rm を自然結合により結合すると、意味的妥当性をもって元の関係Rが得られる場合、 RR1 , R2 , ・・・ Rm の間に結合従属性があるという。 再結合するともとの関係を生成できるような射影により得られる R1,R2,・・・Rm を第5正規形という。


 参考

http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/db2luw/v9/topic/com.ibm.db2.udb.admin.doc/doc/c0004752.htm



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.