トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

COBOL ステートメント - CALL


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

COBOL ステートメント - CALL

[COBOL]

  • CALL ステートメントは、あるオブジェクト・プログラムからその実行単位内の別のオブジェクト・プログラムに制御を移す

CALL プログラム名 [USING 引数] [RETURNING 戻値] [END-CALL]

プログラム名
  • 英数字リテラル
  • プロシージャー・ポインター(USAGE IS PROCEDURE-POINTER で定義)
  • 関数ポインター(USAGE IS FUNCTION-POINTER で定義)
USING 句
  • ターゲット・プログラムに渡される引き数を指定
  • BY REFERENCE 句
    • パラメーターに対してBY REFERENCE 句が明示的または暗黙的に指定された場合、呼び出し側プログラム内の対応するデータ項目は、呼び出されるプログラムのデータ項目と同じストレージ域を占める
  • BY CONTENT 句
    • パラメーターに対してBY CONTENT 句が明示的または暗黙的に指定された場合、CALL ステートメントのUSING 句で参照されたとき、呼び出されるプログラムはこのパラメーターの値を変更することはできません
  • BY VALUE 句
    • ある引き数にBY VALUE 句が指定されているか、または暗黙指定されている場合は、送り出しデータ項目への参照ではなく、その引き数の値が渡されます。
RETURNING 句
  • データ部に定義された任意のデータ項目を指定できるRETURNING データ項目

指定されたパートは存在しません。



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.