トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

CentOS 初期設定


RSS 無料英単語

目次

楽天カードでポイント生活はじめよう!

記事一覧

キーワード

CentOS 初期設定

[CentOS][Linux][Fedora]

  • 初期設定する手順をまとめておく

インストール

 バージョンの確認

# cat /etc/*release                                                                             
CentOS release 6.2 (Final)
CentOS release 6.2 (Final)
CentOS release 6.2 (Final)

 ネットワークインストール


ネットワークインストール用 bootイメージ
FTPインストール指定先

 Xen ゲストOSとしてインストール

 日本語環境の設定

日本語サポートのインストール

# yum groupinstall install "Japanese Support"
# vi /etc/sysconfig/i18n
  LANG="ja_JP.UTF-8"

日本語フォントのインストール

テキストモードでインストールすると、日本語フォントがインストールされない
日本語フォントをインストールする
# yum install fonts-japanese 

最初の設定

 SSH

  • ~/.ssh/config に接続情報を記述しておくとsshのログインパラメータを都度指定する必要がない
Host phraseit.info
        HostName        phraseit.info
        IdentityFile    ~/.ssh/xxxxxx.pem
        User            ec2-user
Host typea.info
        HostName        typea.info
        User            root
        Port            3843

Cygwinでconfigファイルを利用するには以下の手順が必要

$ chgrp Users config
$ chmod 600 config

Cygwinで公開鍵を使う場合以下の手順が必要

chgrp Users ~/.ssh/id_rsa
chmod 600 ~/.ssh/id_rsa

 ネットワーク設定

IPアドレスの設定

 VNCを使えるようにする。

  • GUIを使えると便利な局面も多いので、まずVNCを使えるようにしておく
  • Fedoraと同様まず、コマンドから、5901ポートを開けて、VNCサーバーを使えるようにする。

CentOS 7

以下の手順ではサービスがACTIVEにならず

install
# yum install tigervnc-server
設定編集
# cat /etc/sysconfig/vncservers 
# THIS FILE HAS BEEN REPLACED BY /lib/systemd/system/vncserver@.service

  • Copy this file to /etc/systemd/system/vncserver@:<display>.service
# cp /lib/systemd/system/vncserver@.service /etc/systemd/system/vncserver@:1.service            

  • Edit <USER> and vncserver parameters appropriately ("runuser -l <USER> -c /usr/bin/vncserver %i -arg1 -arg2") [Service]
Type=forking
# Clean any existing files in /tmp/.X11-unix environment
ExecStartPre=/bin/sh -c '/usr/bin/vncserver -kill %i > /dev/null 2>&1 || :'
ExecStart=/sbin/runuser -l piroto -c "/usr/bin/vncserver -geometry 1024x768 -nolisten tcp -localhost"                                                      
PIDFile=/home/piroto.vnc/%H%i.pid                                                                                 
ExecStop=/bin/sh -c '/usr/bin/vncserver -kill %i > /dev/null 2>&1 || :'

# su piroto                                                                                
[piroto@localhost system]$ vncpasswd
Password:
Verify:

  • Run `systemctl daemon-reload`
# systemctl daemon-reload 
  • Run `systemctl enable vncserver@:<display>.service`
# systemctl enable vncserver@:1.service

ln -s '/etc/systemd/system/vncserver@:1.service' '/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/vncserver@:1.service'

Firewall

# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=5900-5910/tcp
success
# firewall-cmd --reload
success

CentOS 6

install
# yum install tigervnc-server
設定編集(pirotoはユーザー名)
#  vi /etc/sysconfig/vncservers
      :
VNCSERVERS="1:piroto"
VNCSERVERARGS[2]="-geometry 1024x768 -nolisten tcp -localhost"

Chain(RH-Firewall-1-INPUT) および、インデックス(10) は iptables -L で確認し、適宜値を変える

# iptables -I RH-Firewall-1-INPUT 10 -m state --state NEW -p tcp --dport 5901 -j ACCEPT

# iptables -I INPUT 8 -p tcp --dport 5900:5910 -j ACCEPT          

保存と再起動

# service iptables save
# service iptables restart

確認

# iptables -L
    : 
Chain RH-Firewall-1-INPUT (2 references)
    : 
ACCEPT     all  --  anywhere             anywhere            state RELATED,ESTABLISHED 
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            state NEW tcp dpt:ssh 
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            state NEW tcp dpt:5901 
REJECT     all  --  anywhere             anywhere            reject-with icmp-host-prohibited 

 VNCサーバーの起動

Fedora同様の処理

Twn 以外のウィンドウマネージャーを使えるように switchdesk をインストール

# yum install switchdesk

VNCサーバーの設定を置き換え

# switchdesk gnome
Red Hat Linux switchdesk 4.0
Copyright (C) 1999-2004 Red Hat, Inc
Redistributable under the terms of the GNU General Public License
Desktop now set up to run GNOME.
# cd /root/.vnc
# mv xstartup xstartup.bak
# ln -s /root/.Xclients xstartup

解像度の変更

  • /usr/bin/vncserver の geometry に解像度を指定
#
# Global variables.  You may want to configure some of these for your site.
#

$geometry = "1360x600";  

起動

# vncserver

New 'krishna.typea.info:1 (root)' desktop is krishna.typea.info:1

Starting applications specified in /root/.vnc/xstartup
Log file is /root/.vnc/krishna.typea.info:1.log

終了

#vncserver -kill :1

自動起動

  • /etc/sysconfig/vncservers を編集
  • 以下をコメントイン
VNCSERVERS="1:piroto"                                                                                             
VNCSERVERARGS[2]="-geometry 1366x768 -nolisten tcp -localhost"
  • サービスの設定
# chkconfig --level 3 vncserver on   

 SELinux の設定


SELinux の無効化

確認
  • 有効
[root@susanoo vsftpd]# getenforce
Enforcing
  • 無効
[root@susanoo vsftpd]# getenforce
Permissive
無効化
[root@susanoo vsftpd]# setenforce 0
設定ファイル編集
# vi /etc/selinux/config
  • SELINUX=enforcing → disabled に変更
#chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list
# This file controls the state of SELinux on the system.
# SELINUX= can take one of these three values:
#     enforcing - SELinux security policy is enforced.
#     permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
#     disabled - No SELinux policy is loaded.
SELINUX=disabled

SELinuxコンテキスト
  • ls-al したときに、末尾にピリオドがついているものは、SELinuxコンテキストが付与されている
drwxr-xr-x.  8 root   root    4096  8月 16 19:46 2013 repo
  • -Zで内容を確認できる
drwxr-xr-x. root   root   unconfined_u:object_r:user_home_t:s0 repo



 ファイアーウォールの設定

iptables

Chain

iptablesは、指定したルールに当てはまるパケットに対しての、処理内容を定義します。このルールのグループをチェインと言い、このチェインには、最初から定義されている組み込みチェインと、後から定義するユーザー定義チェインの2種類があります。

policy
各チェイン毎のルールのどれにもマッチしない場合は、そのチェインに定義されている「policy」の内容により、パケットを処理します。

  • Chain INPUT (policy ACCEPT):サーバーに入ってくるパケットのうち、設定したどのルールにもマッチしない場合は、パケットを通過させる。
  • Chain OUTPUT (policy DROP):サーバーから出て行くパケットのうち、設定したどのルールにもマッチしない場合は、パケットを破棄する。
target
  • ルールに該当するパケットの処理方法
  • ACCEPT:パケットを通過させる
  • DROP:パケットを破棄する
prot

プロトコル名

  • all:全てのプロトコル
  • tcp:tcpプロトコル
source

送信元IPアドレス

destinatior
送信先IPアドレス

iptablesコマンドのオプション
チェイン 説明
-P (policy) 指定したチェインのポリシーを変更
-A (--append) 指定したチェインに新しいルールを追加
-D (--delete) 指定チェインのルールを削除
-N (--new-chain) 新しいユーザー定義チェインを作成
-X (--delete-chain) 指定したユーザー定義チェインを削除
-F ルールの初期化(※policyの設定は初期化されません)

条件 説明
-j (--jump) ターゲット 条件に合った際のアクションを指定
-p (--protocol) プロトコル名 プロトコル名(tcp, udp, icmp, all)を指定
-s (--source) IPアドレス 送信元アドレス(IPアドレスかホスト名)を指定
-d (--destination) IPアドレス 送信先アドレス(IPアドレスかホスト名)を指定
--sport 送信元ポート番号 送信元ポート番号(80, httpなど)を指定
--dport 宛先ポート番号 宛先ポート番号(80, httpなど)を指定
-i (--in-interface) デバイス パケット入力のインターフェースを指定
-o (--out-interface) デバイス パケットを出力するインターフェースを指定

アクション 説明
ACCEPT パケットの通過を許可
DROP 通過しようとするパケットの破棄
LOG ログの取得
REJECT パケットを拒否し、ICMPメッセージを返信

バックアップ
# cd /etc/sysconfig
# cp iptables iptables.old 
cp: `iptables.old' を上書きしてもよろしいですか(yes/no)? y

80,80ポートを許可する例
-A INPUT -p tcp --dport http -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp --dport 8080 -j ACCEPT

起動、停止、再起動
# /etc/rc.d/init.d/iptables start
# /etc/rc.d/init.d/iptables stop
# /etc/rc.d/init.d/iptables restart

確認
# iptables -nL

GUIから、ファイアーウォールを設定する。

WWW や FTP のポートを利用可能に


 FTPサーバー


インストールされているか確認

# rpm -q vsftpd
package vsftpd is not installed

インストール

# yum install -y vsftpd
Loaded plugins: fastestmirror
         :
Installed:
 vsftpd.i686 0:2.2.2-11.el6_4.1                                                                                

Complete!

vsftpd の確認

# rpm -q vsftpd
vsftpd-2.0.5-16.el5_4.1

設定の編集

/etc/vsftpd/vsftpd.conf
Anonymous ログインを無効にする
#anonymous_enable=YES
ログを出力させる
xferlog_file=/var/log/vsftpd.log
接続制限
  • 以下を確認
tcp_wrappers=YES
  • /etc/hosts.allow に以下を追記(制限をかけるときはここで)
vsftpd : ALL : ALLOW

ユーザーの追加

rootでは ftp サーバーにログインできない。

非推奨だが、root でログインできる様にするためには、/etc/vsftpd/ftpusers、/etc/vsftpd/user_list の両方からroot 行をコメントアウトすることで可能


  • ユーザーを追加して、パスワードを設定して、root グループに所属させる(任意)
  • Linux ユーザ管理
# useradd xxxx
# passwd xxxx
# gpasswd -a xxx root

ランレベル 3 で自動起動するように

# chkconfig --list vsftpd
vsftpd          0:off   1:off   2:off   3:on    4:off   5:off   6:off
# runlevel
N 3
# chkconfig --level 3 vsftpd on

テキストモードで起動

CentOS6
  • 常に

id:5:initdefault: -> id:3:initdefault:

# vi /etc/inittab
         :
# Default runlevel. The runlevels used are:
#   0 - halt (Do NOT set initdefault to this)
#   1 - Single user mode
#   2 - Multiuser, without NFS (The same as 3, if you do not have networking)
#   3 - Full multiuser mode
#   4 - unused
#   5 - X11
#   6 - reboot (Do NOT set initdefault to this)
#
id:3:initdefault:

  • 今回のみ
# init 3

CentOS7

起動設定
# systemctl enable vsftpd
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/vsftpd.service to /usr/lib/systemd/system/vsftpd.service.
Firewall
# firewall-cmd --add-service=ftp --permanent
success
# firewall-cmd --reload
success

ファイアーウォールの設定

/etc/sysconfig/iptables-config に追記
IPTABLES_MODULES="nf_conntrack_ftp"
iptables の再起動
# service iptables restart

iptables の設定と保存
# iptables -A INPUT -m state --state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT
# iptables -I INPUT -p tcp -m tcp --dport ftp -j ACCEPT
# service iptables save
# service iptables restart

SELinuxによりエラー

  • 以下の様なエラーはSELinuxが出している。SELinuxを無効にするには、setenforce 0 を実行
  • 上記、SELinux の無効化 参照
C:\Users\piroto>ftp 192.168.24.12
192.168.24.12 に接続しました。
220 (vsFTPd 2.2.2) 
ユーザー (192.168.24.12:(none)): root
331 Please specify the password. 
パスワード:
500 OOPS: cannot change directory:/root
500 OOPS: priv_sock_get_cmd
接続がリモート ホストによって閉じられました。

 ウェブサーバー

設定

  • /etc/httpd/conf/httpd.conf を編集
CGIを利用可能に
<Directory "/var/www/html/tips">
    Options +ExecCGI
    AddHandler cgi-script .cgi
</Directory>

起動

# service httpd start
httpd を起動中:                                            [  OK  ]

確認

ランレベル 3 で自動起動するように

# chkconfig --list httpd
httpd           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
# runlevel
N 3
# chkconfig --level 3 httpd on


mod_rewrite を利用できるようにする場合


  • コメントを外す
LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so

  • AllowOverride を Allに
# AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files.
# It can be "All", "None", or any combination of the keywords:
# Options FileInfo AuthConfig Limit
AllowOverride All

  • 再起動
/sbin/service httpd restart

 subversion

インストール

# yum install subversion
# yum install mod_dav_svn.so

リポジトリの作成

# mkdir /var/www/svn
# cd /var/www/svn
# svnadmin create repo
# chown -R apache.apache repo

パスワードの設定

# htpasswd /etc/httpd/.passwd svn

設定ファイルの変更

/etc/httpd/conf.d/subversion.conf
<Location /svn>
  DAV svn
  SVNParentPath /var/www/svn
 
  # Limit write permission to list of valid users.
  <LimitExcept GET PROPFIND OPTIONS REPORT>
     # Require SSL connection for password protection.
     # SSLRequireSSL

     AuthType Basic
     AuthName "Authorization Realm"
     AuthUserFile /etc/httpd/.passwd  <- 上で作成したパスワードファイルを指定
     Require valid-user
  </LimitExcept>
</Location>

Location /svn で場所を指定する

再起動

# /sbin/service httpd restart

引っ越し

subversion リポジトリの引越し

 GCC

インストール

  • これがないと、ソースからコンパイルできない
# yum install gcc

 Python

 MySQL

インストール

# yum install mysql-server

起動

# /etc/rc.d/init.d/mysqld start
自動起動
# chkconfig --level 3 mysqld on

設定

root パスワードの変更
# mysql
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 2
Server version: 5.0.77 Source distribution

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.
mysql> set password for 'root'@'localhost' = password('newpassword');
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
mysql> set password for 'root'@'krishna.typea.info' = password('newpassword');
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
mysql> set password for 'root'@'127.0.0.1' = password('newpassword');
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
ユーザーの作成
mysql> create user piroot@"%";
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
mysql> create user piroot@localhost;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
mysql> set password for 'piroot'@'localhost' = password('newpassword');
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
mysql> set password for 'piroot'@'%' = password('newpassword');
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
管理権限をユーザーに追加
mysql> grant all privileges on *.* to piroot@localhost identified by 'newpassword' with grant option;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
mysql> grant all privileges on *.* to piroot@"%" identified by 'newpassword' with grant option;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

権限を限定して追加
mysql> grant create,select,insert,update,delete on *.* to piroot@localhost identified by 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
mysql> grant create,select,insert,update,delete on *.* to piroot@"%" identified by 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
mysql> grant create,select,insert,update,delete on *.* to piroot@"%" identified by 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
確認
mysql> select host, user from mysql.user;
+--------------------+--------+
| host               | user   |
+--------------------+--------+
| %                  | piroot | 
| 127.0.0.1          | root   | 
| krishna.typea.info |        | 
| krishna.typea.info | root   | 
| localhost          |        | 
| localhost          | piroot | 
| localhost          | root   | 
+--------------------+--------+
7 rows in set (0.00 sec)
データベースの作成
mysql> create database mt character set utf8;
Query OK, 1 row affected (0.10 sec)

 Git

ダウンロードとインストール

# wget http://kernel.org/pub/software/scm/git/git-1.7.3.2.tar.bz2
# tar -xvf git-1.7.3.2.tar.bz2
# cd git-1.7.3.2
# make
# make install


 Oracle Java SDK のインストール

 Jdk 7

JDK Download


インストール

$ su
# rpm -Uvh jdk-7u51-linux-i586.rpm 
準備中...                ########################################### [100%]
   1:jdk                    ########################################### [100%]
Unpacking JAR files...
 	rt.jar...
	jsse.jar...
	charsets.jar...
	tools.jar...
	localedata.jar...
	jfxrt.jar...
	plugin.jar...
	javaws.jar...
	deploy.jar...

alternativesの設定

# alternatives --install /usr/bin/java java /usr/java/latest/bin/java 200000
# alternatives --install /usr/bin/javac javac /usr/java/latest/bin/javac 200000
# alternatives --install /usr/bin/jar jar /usr/java/latest/bin/jar 200000

alternativesで確認

# alternatives --config java

3 プログラムがあり 'java' を提供します。
 
  選択       コマンド
-----------------------------------------------
   1           /usr/lib/jvm/jre-1.7.0-openjdk/bin/java
   2           /usr/lib/jvm/jre-1.6.0-openjdk/bin/java
*+ 3           /usr/java/latest/bin/java

起動して確認

java
# java -version
java version "1.7.0_51"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_51-b13)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 24.51-b03, mixed mode, sharing) 
javac
# javac -version
javac 1.7.0_51

 Jdk 6

ダウンロード

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk-6u25-download-346242.html

インストールと設定

jdk-6u25-linux-i586.bin

# mv jdk-6u25-linux-i586.bin /opt/
# cd /opt/
# chmod +x jdk-6u25-linux-i586.bin 
# ./jdk-6u25-linux-i586.bin 
# vi /etc/profile.d/java.sh
export JAVA_HOME=/opt/jdk1.6.0_25
export PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH
# source /etc/profile.d/java.sh 
# alternatives --install /usr/bin/java java /opt/jdk1.6.0_25/bin/java 2
# alternatives --config java

There is 1 program that provides 'java'.

  Selection    Command
-----------------------------------------------
*+ 1           /opt/jdk1.6.0_25/bin/java

Enter to keep the current selection[+], or type selection number: 

 Windowの設定


パッケージ管理

 EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)設定

有効か確認
CentOS 7 用
RPM
ダウンロードとインストール
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-1.noarch.rpm
# rpm -Uvh epel-release-7-1.noarch.rpm



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto