トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Eclipse3.4 ganymede 起動時にJVMエラー


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

Eclipse3.4 ganymede 起動時にJVMエラー

[Eclipse]

 Eclipse3.4 を起動時に以下のエラー


JVM terminated Exit code=-1
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.5
       :

 eclipse.iniの編集

もともとの eclipse.ini
-showsplash
org.eclipse.platform
--launcher.XXMaxPermSize
256M
-vmargs
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.5
-Xms40m
-Xmx512m    

これを、一旦、リネームして(eclipse.ini.org等) Eclipseを起動すると、自動的に以下のような内容のeclipse.iniが作られる。

-framework
plugins\org.eclipse.osgi_3.4.2.R34x_v20080826-1230.jar

JVMオプションの補足

VMオプション(SE5.0以降) 内容 備考
-Xms[数値] メモリー割り当てプールの初期サイズをバイト数で指定 マシンの物理メモリーの 1/64 か、妥当な最小サイズかの大きい方。
-Xmx[数値] メモリー割り当てプールの最大サイズをバイト数で指定 物理メモリーの 1/4 か、1GB かの小さい方。

を参考に、適当に書き換え。
-Xms40 -> -Xms128 のようにしとくと、起動が早くなる

新eclipse.ini
-framework
plugins\org.eclipse.osgi_3.4.2.R34x_v20080826-1230.jar
-vmargs
-Xms128m
-Xmx512m 
  • もしくは
-framework
-vmargs
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.5
-Xms128m
-Xmx512m 



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.