トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Java SE 8 関数インターフェース


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

Java SE 8 関数インターフェース

[Java SE 8]


  • 関数インターフェースは、ただ一つの抽象メソッド(オブジェクトから継承するメソッドはさておいて)を持ったインターフェース
  • 一つの関数契約を表現する
  • この「一つ」のメソッドは、複数の抽象メソッドを、スーパーインターフェースから継承されたオーバーライド同等のシグネチャをともなって形成する。
  • この例では、継承されたメソッドは論理的に一つのメソッドを表現する。

 

簡単な関数インターフェースの例

interface Runnable {
  void run();
}
以下は、関数インターフェースではない。Objectのメンバーであってはいけない。
interface NonFunc {
  boolean equals(Object obj);
}
しかしながら、上記を継承したサブインターフェースは関数インターフェースとなる。 宣言された抽象メソッドは、Objectのメンバーではない。
interface Func extends NotFunc {
  int compare(String o1, String o2);
}
同様に、java.util.Comparator<T> は一つの抽象メソッドをもち、かつObjectのメソッドではないため、関数インターフェースとなる。
interface Comparator<T> {
  boolean equals(Object obj);
  int compare(T o1, T o2);
}
次のインターフェースは関数インターフェースではない。一つの抽象メソッドをもち、それはObjectのメンバーではないが、Objectのメンバーではない、2つのpublicな抽象メソッドをもつ。
interface Foo {
  int m();
  Object clone();
}



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.