トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Oracle Database10g 共有サーバー構成


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

Oracle Database10g 共有サーバー構成

[Oracle][Oracle Database10g]

 専用サーバー・プロセスと共有サーバー・プロセスの概要

  • インスタンスに接続されているユーザー・プロセスの要求を処理するために、サーバー・プロセスが作成されます。
  • 専用サーバー・プロセスは常に使用可能な状態ですが、共有サーバーは、1つ以上の初期化パラメータを特別に設定して、構成および使用可能にする必要がある

サーバー・プロセス 内容
専用サーバー・プロセス 単一のユーザー・プロセスのみを処理
共有サーバー・プロセス 複数のユーザー・プロセスを処理

専用サーバー・プロセス

  • 次の状況では、ユーザーと管理者は、専用サーバー・プロセスを使用して明示的にインスタンスに接続する必要がある
    • バッチ・ジョブを実行する場合
    • Recovery Manager(RMAN)を使用して、データベースをバックアップ、リストアまたはリカバリする場合
  • Oracle Databaseが共有サーバー用に構成されている場合に専用サーバー接続を要求するには、専用サーバーを使用するように構成されているネット・サービス名を使用して接続する必要があります。具体的に言うと、ネット・サービス名の接続記述子にSERVER=DEDICATED句を含める

共有サーバー・プロセス

  • 共有サーバー・アーキテクチャでは、接続ごとに専用サーバー・プロセスは必要ない
接続手順
  1. クライアントのユーザー・プロセスはディスパッチャに接続します。
  2. ディスパッチャには、同時に複数のクライアント接続をサポートする機能があります。
  3. 各クライアント接続はバーチャル・サーキットにバインドされます。
  4. バーチャル・サーキットとは、ディスパッチャがクライアントのデータベース接続要求と応答に使用する共有メモリーの一部です。
  5. ディスパッチャは、要求が到着すると、バーチャル・サーキットを共通キューに入れます。
  6. アイドル状態の共有サーバー・プロセスは、共通キューからバーチャル・サーキットを選択して要求を処理し、そのバーチャル・サーキットを解放して、共通キューから別のバーチャル・サーキットを取り出します。

  • このアプローチでは、小さいサーバー・プロセス・プールで大量のクライアントを処理することが可能です。
  • 専用サーバー・モデルと比較した共有サーバー・アーキテクチャの大きな利点は、システム・リソースが少なくて済むため、ユーザー数の増加に対応できること。

 共有サーバー構成

共有サーバー用初期化パラメータ


初期化パラメータ 内容
SHARED_SERVERS 起動する初期共有サーバー数および最低限保持する共有サーバー数を指定します。共有サーバーを使用するための必須パラメータはこのパラメータのみ。
MAX_SHARED_SERVERS 同時に実行可能な共有サーバーの最大数を指定。
SHARED_SERVER_SESSIONS 同時に実行可能な共有サーバー・ユーザー・セッションの合計数を指定。
DISPATCHERS 共有サーバー・アーキテクチャのディスパッチャ・プロセスを構成
MAX_DISPATCHERS 同時に実行可能なディスパッチャ・プロセスの最大数を指定。
CIRCUITS 受信および発信用のネットワーク・セッションに使用可能なバーチャル・サーキットの合計数を指定。

共有サーバーの使用可能化

  • 共有サーバーを使用可能にするには、SHARED_SERVERS初期化パラメータに0(ゼロ)より大きい値を設定
  • 動的に起動するには、ALTER SYSTEM文を使用してSHARED_SERVERSパラメータに0(ゼロ)以外の値を設定する。
  • またはデータベースの起動時にSHARED_SERVERSを初期化パラメータ・ファイルに組み込む。


 共有サーバーを構成してみる

初期化パラメータを確認

既にOracle XML DB用に構成されている!?
SQL> show parameters dispatchers

NAME                                 TYPE        VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
dispatchers                          string      (PROTOCOL=TCP) (SERVICE=oradb1XDB)
max_dispatchers                      integer

SQL> show parameters shared_servers

NAME                                 TYPE        VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
max_shared_servers                   integer
shared_servers                       integer     1

ALTER SYSTEM文を使用して、既存のディスパッチャ構成に対するDISPATCHERS属性の設定を変更

属性を変更
SQL> alter system set dispatchers = '(PROTOCOL=TCP) (DISPATCHERS=5)';

システムが変更されました。
リスナーの確認
$ lsnrctl service

LSNRCTL for Linux: Version 10.2.0.1.0 - Production on 15-JUL-2009 09:00:22

Copyright (c) 1991, 2005, Oracle.  All rights reserved.

Connecting to (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=vboxfedora10)(PORT=1521)))
Services Summary...
Service "oradb1.vboxfedora10.typea.info" has 1 instance(s).
  Instance "oradb1", status READY, has 6 handler(s) for this service...
    Handler(s):
      "DEDICATED" established:50 refused:0 state:ready
         LOCAL SERVER
      "D000" established:0 refused:0 current:0 max:1022 state:ready
         DISPATCHER <machine: vboxfedora10, pid: 2056>
         (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=vboxfedora10)(PORT=47992))
      "D001" established:0 refused:0 current:0 max:1022 state:ready
         DISPATCHER <machine: vboxfedora10, pid: 6791>
         (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=vboxfedora10)(PORT=50261))
      "D003" established:0 refused:0 current:0 max:1022 state:ready
         DISPATCHER <machine: vboxfedora10, pid: 6834>
         (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=vboxfedora10)(PORT=47169))
      "D002" established:0 refused:0 current:0 max:1022 state:ready
         DISPATCHER <machine: vboxfedora10, pid: 6832>
         (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=vboxfedora10)(PORT=32946))
      "D004" established:0 refused:0 current:0 max:1022 state:ready
         DISPATCHER <machine: vboxfedora10, pid: 6836>
         (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=vboxfedora10)(PORT=54712))
Service "oradb1XDB.vboxfedora10.typea.info" has 1 instance(s).
  Instance "oradb1", status READY, has 0 handler(s) for this service...
Service "oradb1_XPT.vboxfedora10.typea.info" has 1 instance(s).
  Instance "oradb1", status READY, has 6 handler(s) for this service...
    Handler(s):
      "DEDICATED" established:50 refused:0 state:ready
         LOCAL SERVER
      "D000" established:0 refused:0 current:0 max:1022 state:ready
         DISPATCHER <machine: vboxfedora10, pid: 2056>
         (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=vboxfedora10)(PORT=47992))
      "D001" established:0 refused:0 current:0 max:1022 state:ready
         DISPATCHER <machine: vboxfedora10, pid: 6791>
         (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=vboxfedora10)(PORT=50261))
      "D003" established:0 refused:0 current:0 max:1022 state:ready
         DISPATCHER <machine: vboxfedora10, pid: 6834>
         (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=vboxfedora10)(PORT=47169))
      "D002" established:0 refused:0 current:0 max:1022 state:ready
         DISPATCHER <machine: vboxfedora10, pid: 6832>
         (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=vboxfedora10)(PORT=32946))
      "D004" established:0 refused:0 current:0 max:1022 state:ready
         DISPATCHER <machine: vboxfedora10, pid: 6836>
         (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=vboxfedora10)(PORT=54712))
The command completed successfully

V$DISPATCHER ビューの確認

SQL*Plusで接続し、共有サーバーに接続していることを確認

V$SESSION ビュー
  • V$SESSION ビューの、SERVER列が、'NONE'、'SHARED'なら共有サーバー。'DEDICATED' なら 専用サーバー

V$CIRCUIT ビュー
  • V$CIRCUIT ビューでは、共有サーバーの情報のみが表示される

 共有サーバーとして構成されたデータベースに専用サーバー接続を行う

tnsnames.ora に (SERVER = DEDICATED) を追記

ORADB1 =
  (DESCRIPTION =
    (ADDRESS_LIST =
      (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = 192.168.24.56)(PORT = 1521))
    )
    (CONNECT_DATA =
      (SERVER = DEDICATED)
      (SERVICE_NAME = oradb1.vboxfedora10.typea.info)
    )
  )

接続

SQL*Plusから接続
SQL> conn exam/abc123@oradb1
接続されました。

確認 (SERVER = DEDICATED) になっている



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.