トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

WTP 導入


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

WTP 導入

[Eclipse]
Webアプリケーションの開発で、プラグインの組み合わせがなかなか冴えないので、WTPを導入して使用してみる。

http://www.eclipse.org/webtools/main.php
http://download.eclipse.org/webtools/downloads/drops/R1.5/R-1.5.4-200705021353/

から、All In One 版をダウンロードする。
必要なプラグインおよびEclipse SDKもすべて含まれているので、解凍するだけですぐに使用できる。

余談だが、Eclipseプラグインやらはファイル名が長くなるため、デスクトップに解凍するとエラーが発生して正しく解凍できない場合がある(エラーを報告しない解凍ツールではまったためメモ)ので、C:\WORK 等のパス名が短い作業ディレクトリに解凍する。

 単純なWebアプリケーション開発までの手順

準備

  • Tomcatがインストールされていること。
Window-Preferences から、Server-InstallRuntimesを選択し、Tomcat5.5を指定する。
Window-ShowViewから、以下のビューを開く
開いたビューのコンテキストメニューで、Newを選択し、Tomcat5.5を選択

Webアプリの作成

File-New-Otherから、以下Web-Dynamic Web Projectを選択
J2EEパースペクティブになる
Serversビュー コンテキストメニューから、Add and Remove Projectを選択して、作成したプロジェクトを追加する。
プロジェクトエクスプローラーに、Serversがあらわれ、Tomcatの設定ができるようになる。
が、ここでした変更は、Publish to the Server ボタンで反映させなければいけないみたい。
デバッグボタンで、SYSDEO Tomcat Plugin同様、Tomcatの起動とWebアプリのデバッグができました。



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.