トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

WTP tomcatとoracleを使う


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

WTP tomcatとoracleを使う


上記構成で、JNDIを利用してデータベースにアクセスする手順のメモ

eclipse側からの設定

1.J2EEパースペクティブのプロジェクトエクスプローラーから、server.xmlを開く
2.ソースモードにする
3.対象のアプリケーション設定(<Context></Context>の間)に、jdbcリソースを定義
4.例

<Resource name="jdbc/fugitive" 
          auth="Container"
          driverClassName="oracle.jdbc.OracleDriver" 
          maxActive="20" maxIdle="10" 
          maxWait="-1" 
          password="****" 
          type="javax.sql.DataSource" 
          url="jdbc:oracle:thin:@192.168.0.1:1521:xe" username="guest"/> 

5.Serversビューから、Publish to serverを実行し、設定を反映させる。

tomcat

$CATALINA_HOME/common/libに、JDBCドライバを配置

コード例

JSP + カスタムタグ

<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jstl/core_rt" prefix="c" %>
<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsp/jstl/sql" prefix="sql" %> 
<sql:query var="rs" dataSource="jdbc/fugitive">
  select country_id, country_name from countries
</sql:query>
<html>
  <body>
    <c:forEach var="row" items="${rs.rows}">
      ${row.country_id} :
      {row.country_name}<br/>
    </c:forEach>
  </body>
</html> 

Java

Context initContext = new InitialContext();
Context envContext  = (Context)initContext.lookup("java:/comp/env");
DataSource ds = (DataSource)envContext.lookup("jdbc/fugitive");
Connection conn = ds.getConnection();



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.