Eclipse Git プラグイン ~ インストールからコミット、履歴の比較まで

http://www.eclipse.org/egit/

Git を Eclipse から利用するために Egit プラグインを導入する。

EGit は、Java による Git の実装 JGit 上に実装されている Eclipse プラグイン。

以降のメモは、Eclipse 3.6 のインストールと Preiades による 日本語化を行っているのを前提としている。

また、Git 自体の使い方、使ってみた時のメモはこちら

インストール

ヘルプ - 新規ソフトウェアのインストール で、以下のダイアログが開くので、作業対象に、以下のURLを指定し、チェックし、「次へ」

http://download.eclipse.org/egit/updates

egit_inst01

使用条項に同意し、インストールを行い、再起動。以上でインストール完了。

設定

ウィンドウ - 設定 - チーム - Git - 構成 から、「新規エントリー」 を押下し、user.email および user.name エントリを作成する。この情報は、~/.gitconfig に保存され、誰がリポジトリに変更を加えたのかを特定するのに使用される。

egit_inst02

リポジトリの新規作成

ファイル -新規 - Java プロジェクト から、「HelloGit」 プロジェクトを作成

egit01

プロジェクトのコンテキストメニューから、チーム - プロジェクトの共用 から、

egit02

Git を選択して 「次へ」

egit03

プロジェクトを選択して、「リポジトリの作成」を押下。

これで、新規Git リポジトリがプロジェクトのために初期化される。

egit04

プロジェクト名の後ろに、[master] が付加されており、master ブランチとして、追跡されていることを表している。「?」は、バージョン管理に追加されていないことを表している。

egit05

変更の追跡

パッケージエクスプローラーのメニューバーから、ドロップダウンメニューを開き、フィルターを選択し、「.*リソース」 のチェックを外すと、「.classpath」や「.project」 等の管理ファイルが表示される。

egit08

「.gitignore」ファイルを追加し、内容を 「bin」とすることで、プロジェクトフォルダー配下、class ファイルを出力する、bin フォルダをバージョン管理対象外とする。

egit09  egit11

追加

コンテキストメニューから、チーム - 追加 を行う。

egit08 

アイコンが、「+」にかわり、バージョン管理に追加された。(「.gitignore」ファイルもバージョン管理対象とする必要あり)

egit09

コミット

プロジェクトのコンテキストメニューから、チーム - コミットを行う。

  • コミットする変更に対しての簡単な説明を最初の行に入力する。デフォルトの作成者とコミッタは、ホームディレクトリの「.gitconfig」ファイルに記述されている。
  • 「サインオフ」を追加をチェックしておくと、Signed-off-by: タグが追加される。
  • 「コミット」ボタンでコミットが行われる。

egit12

アイコンが、樽 に変わる。

egit13

履歴の表示

コンテキストメニュー の チーム - Show in Repository View を選択し、

egit14

プロジェクトのコンテキストメニューから、「ヒストリーに表示」

egit15

履歴が表示される。

egit16

HelloGit.java の内容を編集して、コミットを行う。

コミットログが表示された。

egit17

比較モードで表示

比較モード アイコンを トグルして、ソースをダブルクリックすると、比較ビューが表示される。

egit18

egit19 

まずは、以上