トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Angular


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

Angular

[TypeScript][Google Cloud Platform][Bootstrap][Flask]

Angular CLI

 インストール

>npm install -g @angular/cli

 アプリケーションの生成

> ng new myapp

 アプリケーションの実行

> ng serve

 Angular CLI の主なコマンド

概要 コマンド
appアプリを生成 ng new app
ひな形の生成 ng generate ...
ビルドして起動 ng serve
ビルド ng build
ユニットテスト ng test
E2Eテスト mg e2e
i118nメッセージを抽出 ng xi18n
指定されたキーワードで検索 ng doc keyword
TSLintによるコードチェック ng lint
現在の設定を取得 ng get key
指定されたキー/値を設定 ng set key=value
Angular CLIのバージョン ng version
ng generate サブコマンド
要素 コマンド
モジュール ng g moduole hoge
コンポーネント ng g component hoge
ディレクティブ ng g directive hoge
パイプ ng g pipe hoge
サービス ng g service hoge
ガード ng g guard hoge
クラス ng g class hoge
インターフェース ng g interface hoge
列挙 ng g enum hoge

ngx-bootstrap

 Angular-CLIから利用

インストール
npm install ngx-bootstrap bootstrap --save
src/app/app.module.ts の編集
import { AlertModule } from 'ngx-bootstrap';
     :
@NgModule({
     :
   imports: [AlertModule.forRoot(), ... ],
     :
})
.angular-cli.json に以下を追加
"styles": [
  "../node_modules/bootstrap/dist/css/bootstrap.min.css",
  "styles.css"
],
src/app/app.component.html に以下を追加
<alert type="success">hello</alert>

Angular Material

非同期通信

app.module.ts
import { HttpModule } from '@angular/http';
    :
@NgModule({
    :
  imports: [
     :
    HttpModule,
  ],
     :
})

データバインディング

 構文


データ方向 種類 記法
コンポーネント -> ビュー 補間 {{...}}
コンポーネント -> ビュー プロパティ/属性バインディング [property]='value'
ビュー -> コンポーネント イベントバインディング (event)='handler'
コンポーネント <-> ビュー 双方向バインディング [(target)]='value'

テンプレート参照変数

  • #変数名
  • (change)="0"は、イベントトリガーで値を更新するため必要
<input #txtHoge type="text" (change)="0"/>
<div>{{txtHoge.value}}</div>

 双方向バインディング

  • import と @NgModule の imports に FormModuleを追加
ルートモジュール(app.modules.ts)
import { FormsModule } from '@angular/forms';
   :
@NgModule({
   :
  imports: [
   BrowserModule,
   FormsModule,
     :
ビュー
  • input/textarea/selectなどフォーム要素をバインドするには、ngModel を利用する
  • このためには、name属性の指定が必須
  • ngModelを[(ngModel)]とする
<select name="selAcion" [(ngModel)]="selectedAction">
    <option *ngFor="let item of testActions" value="{{item}}" >{{item}}</option>
</select>
コンポーネント
export class AccountComponent implements OnInit {
  testActions: string[] = ['','login','logout','check'];
  selectedAction: string = '';

入力値の加工

  • 上記は、プロパティバインディング、イベントバインディングを組み合わせて、双方向を実現している。
  • データバインディング時に値を加工する場合、[(ngModel)] を [ngModel]と(ngModelChagen) に分解
  • $eventは入力値そのものを表す
<input name="hoge" type="text"
  [ngModel] = "hogeName"
  (ngModelChange) = "hogeName=$event.toUpperCase()" />

ルーティング

 適用

プロジェクト作成

> ng new app --routing
--routing オプションを付与せずにプロジェクトを作成した場合
  • /src/app/app-routing.module.ts を追加
import { NgModule } from '@angular/core';
import { Routes, RouterModule } from '@angular/router';

const routes: Routes = [];

@NgModule({
  imports: [
    RouterModule.forRoot(routes),
  ],
  exports: [RouterModule]
})
export class AppRoutingModule { }
  • /src/app/app.module.ts
import { AppRoutingModule } from './app-routing.module';
   :
@NgModule({
  imports: [
    BrowserModule,
    AppRoutingModule, 
  ],
  providers: [],
  • /src/app/app.component.spec.ts
import { RouterTestingModule } from '@angular/router/testing';
   :
describe('AppComponent', () => {
  beforeEach(async(() => {
    TestBed.configureTestingModule({
      imports: [
        RouterTestingModule
      ],
      declarations: [
        AppComponent
      ],
    }).compileComponents();
  }));

コンポーネント作成

> ng g component account --routing

ルーティング定義

  • app-routing.module.ts
import { NgModule } from '@angular/core';
import { Routes, RouterModule } from '@angular/router';
import { AccountComponent } from './account/account.component'

const routes: Routes = [
  {
    path: 'account', component: AccountComponent
  }
];

@NgModule({
  imports: [
    RouterModule.forRoot(routes),
  ],
  exports: [RouterModule]
})
export class AppRoutingModule { }

利用

<a routerLink="/account">Account</a>
<router-outlet></router-outlet>

コンポーネント

 ライフサイクル

ライフサイクル 内容
コンポーネント生成
コンストラクター
ngOnChanges @Input経由で入力値が設定/再設定された
ngOnInit 入力値(@Inputp)が処理された後、コンポーネントの初期化時(最初のngOnChangesメソッドの後で一度だけ)
ngDoCheck 状態の変更を検出したとき
ngAfterContentInit 外部コンテンツを初期化した時(最初のngDoCheckメソッドの後で一度だけ)
ngAfterContentChecked 外部コンテンツの変更をチェックした時
ngAfterViewInit 現在のコンポーネントと子コンポーネントのビューを生成した時(最初のngAfterContentCheckedメソッドの後で一度だけ)
ngAfterViewChecked 現在のコンポーネントと子コンポーネントのビューが変更された時
ngOnDestroyed コンポーネントが破棄される時
コンポーネント破棄

サービス

  • サービスクラスであることの条件は、@Injectable デコレータを付与することのみ。
  • @Injectable デコレータは、コンポーネントに対してサービスを引き渡せることを意味する。

 登録

  • モジュールにサービスを登録する。
  • コンポーネントにも登録できる。この場合コンポーネントと子コンポーネントのみで利用できる。
import { HogeService } from './hoge.service';

@NgModule({
   :
  providers: [HogeService],
   :
})

 依存性注入

  • 方法を宣言するのは、@NgModule/@Component デコレータの providersパラメータ
  • サービスを提供するためのProviderオブジェクトを登録する
Providerであることの条件は以下のプロパティを持つこと
プロパティ 内容
provide サービスを注入する際に利用するDIトークン
useXxxxx サービスの生成方法 例 userClass: XXXX と指定するとクラス XXXX を常にnew でインスタンス化する
multi 同一のDIトークンに対して複数のProviderを追加するか

useXxxx

プロパティ 内容
useClass 指定されたクラスを注入のたびにインスタンス化
useValue 指定されたオブジェクトを常に引き渡す(同じ値になる)
useExisting 指定されたトークンのエイリアスを生成
useFactory 指定されたファクトリー関数で注入の際にオブジェクトを生成

useClass
  • 常に新たなインスタンスを生成する
providers: [
  { provide: HogeService, useClass: HogeService } 
]
useValue
  • 常に同じオブジェクトを注入する
  • クラスのインスタンスを渡す
providers: [
  { provide: HogeService, useVlaue: new HogeService() } 
]
useExisting
  • トークンのエイリアスを生成
providers: [
  { provide: HogeService, useClass: HogeService }、
  { provide: HogeAliasService, useExisting: HogeService }、
]

互換性維持など、別のトークンから同一インスタンスを取得したい場合などに利用

useFactory
  • ファクトリー関数経由でインスタンスを生成
providers: [
  { provide: HogeService, useFactory: () => {
      let service = new HogeService();
      service.foo = "bar";
      return service;
    } 
   } 
]

Modules

 Http

RxJs

 コンポーネントからサービスのデータを購読する

Service
import { Subject } from 'rxjs/subject';
import { User } from './user';
 
@Injectable()
export class AccountService {
  private userChangeAnnouncedSource = new Subject<User>();
  userChangeAnnounced$ = this.userChangeAnnouncedSource.asObservable();
    :
  announceUserChange(user: User) {
    this.userChangeAnnouncedSource.next(user);
  }
    :
Component
import { Subscription } from 'rxjs/Subscription';
  
export class AccountComponent implements OnInit, OnDestroy {
    user: User;
    subscription: Subscription

  ngOnInit() {
    this.subscription = this.accountService.userChangeAnnounced$.subscribe((user:User) => {
      this.user = user;
    });  
  }

  ngOnDestroy() {
    this.subscription.unsubscribe();
  }
       :

UI

 Angular Material

レスポンシブレイアウト

テスト

 ユニットテスト

Karma

Tips

 機能

Chrome拡張機能

augury

Facebook SDK


Hello.js 認証をまとめるJavaScriptライブラリ

 文法

Javascriptのグローバルオブジェクトを利用

declare const hoge;

 コード

コードからルーティング

import { Router } from '@angular/router';
   :
constructor(private router: Router) {}
   :
this.router.navigate(['/hoge']) 

CSRF

 参照



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto