トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Gradle


RSS 無料英単語

目次

NEC Direct(NECダイレクト)

記事一覧

キーワード

Gradle

[Groovy]

ビルドスクリプト

  • ビルドは1つ以上のプロジェクトからなる
  • プロジェクトは1つ以上のタスクからなる
  • ビルドはgradleコマンドで実行する
  • デフォルトではカレントディレクトリの、build.gradle
  • ビルドスクリプトはコードであり、Groovyの機能をすべて利用可能
build.gradle
task hello {
    doLast {
        println 'hello'
    }
}

> gradle hello
Starting a Gradle Daemon (subsequent builds will be faster)
:hello
hello

BUILD SUCCESSFUL

Total time: 49.319 secs

 タスク

  • タスクの一覧を確認
  • プラグインを追加するとタスクも追加される
> gradle tasks

  • 暗黙的なものも含めプロパティの一覧を表示
> gradle properties

 主要なコマンドラインオプション


オプション 内容
-i ログレベルINFO
-s スタックトレースユーザー例外部分表示
-S スタックトレースすべて表示
-d ログレベルデバッグ
-b build.gradle以外のファイル名を指定

プロジェクト自動生成とビルド

 initタスク

> cd .\sample_java_project\
> gradle init --type java-library
:wrapper
:init

BUILD SUCCESSFUL

Total time: 6.175 secs

> tree
フォルダー パスの一覧:  ボリューム ACER
ボリューム シリアル番号は 00000005 C68A:087D です
C:.
├─.gradle
│  ├─3.4
│  │  ├─file-changes
│  │  └─taskHistory
│  └─buildOutputCleanup
├─gradle
│  └─wrapper
└─src
    ├─main
    │  └─java
    └─test
        └─java

  • 規約はMavenに倣って定義される
    • プロダクションコードは src/main/java
    • テストコードは src/main/java

生成された build.gradle

// Apply the java-library plugin to add support for Java Library
apply plugin: 'java-library'
  • javaプラグインを適用
    • javaプロジェクトに対する規約、必要なタスクが追加される
// In this section you declare where to find the dependencies of your project
repositories {
    // Use jcenter for resolving your dependencies.
    // You can declare any Maven/Ivy/file repository here.
    jcenter()
}
  • 依存関係解決のためのリポジトリを指定
dependencies {
    // This dependency is exported to consumers, that is to say found on their compile classpath.
    api 'org.apache.commons:commons-math3:3.6.1'

    // This dependency is used internally, and not exposed to consumers on their own compile classpath.
    implementation 'com.google.guava:guava:20.0'

    // Use JUnit test framework
    testImplementation 'junit:junit:4.12'
}
  • 依存ライブラリの指定
    • ショートカット形式 group:name:version 形式

 ビルドの実行と結果確認

利用可能なタスクを確認

> gradle tasks
Starting a Gradle Daemon, 1 incompatible and 1 stopped Daemons could not be reused, use --status for details
:tasks

------------------------------------------------------------
All tasks runnable from root project
------------------------------------------------------------

Build tasks
-----------
assemble - Assembles the outputs of this project.
build - Assembles and tests this project.
buildDependents - Assembles and tests this project and all projects that depend on it.
buildNeeded - Assembles and tests this project and all projects it depends on.
classes - Assembles main classes.
clean - Deletes the build directory.
jar - Assembles a jar archive containing the main classes.
testClasses - Assembles test classes.

Build Setup tasks
-----------------
init - Initializes a new Gradle build. [incubating]
wrapper - Generates Gradle wrapper files. [incubating]

Documentation tasks
-------------------
javadoc - Generates Javadoc API documentation for the main source code.

Help tasks
----------
buildEnvironment - Displays all buildscript dependencies declared in root project 'sample_java_project'.
components - Displays the components produced by root project 'sample_java_project'. [incubating]
dependencies - Displays all dependencies declared in root project 'sample_java_project'.
dependencyInsight - Displays the insight into a specific dependency in root project 'sample_java_project'.
dependentComponents - Displays the dependent components of components in root project 'sample_java_project'. [incubating]
help - Displays a help message.
model - Displays the configuration model of root project 'sample_java_project'. [incubating]
projects - Displays the sub-projects of root project 'sample_java_project'.
properties - Displays the properties of root project 'sample_java_project'.
tasks - Displays the tasks runnable from root project 'sample_java_project'.

Verification tasks
------------------
check - Runs all checks.
test - Runs the unit tests.

Rules
-----
Pattern: clean<TaskName>: Cleans the output files of a task.
Pattern: build<ConfigurationName>: Assembles the artifacts of a configuration.
Pattern: upload<ConfigurationName>: Assembles and uploads the artifacts belonging to a configuration.

To see all tasks and more detail, run gradle tasks --all

To see more detail about a task, run gradle help --task <task>

BUILD SUCCESSFUL

Total time: 1 mins 8.296 secs

Gradle GUI

  • gradle --gui
  • タスクの一覧を確認するためには、Gradle GUIが便利

ビルド

  • gradle build
  • 実行結果の成果物は、buildディレクトリ以下に生成
  • 再度実行すると、変更がない部分はスキップされる
  • 結果を破棄し再実行の場合、build clean
> gradle build
Starting a Gradle Daemon, 1 stopped Daemon could not be reused, use --status for details
:compileJava
Download https://jcenter.bintray.com/org/apache/commons/commons-math3/3.6.1/commons-math3-3.6.1.pom
        :
Download https://jcenter.bintray.com/com/google/guava/guava/20.0/guava-20.0.jar
:processResources NO-SOURCE
:classes
:jar
:assemble
:compileTestJava
Download https://jcenter.bintray.com/junit/junit/4.12/junit-4.12.pom
       :
Download https://jcenter.bintray.com/org/hamcrest/hamcrest-core/1.3/hamcrest-core-1.3.jar
:processTestResources NO-SOURCE
:testClasses
:test
:check
:build

BUILD SUCCESSFUL

Gradleデーモン

  • gradle 起動に時間がかかる
  • gradle --daemon build で起動
  • gradle --stop で停止(一定時間後に自動で終了するようにはなっている)

 Gradleラッパー

  • Gradleをインストールせずにビルドの実施が可能
  • Subversion,Gitなどからプロジェクトをチェックアウト
  • gradlewコマンドを実行
    • Gradleバイナリが自動的にダウンロードされそのままビルドが実行される
ラッパーを適用する
  • プロジェクトルートで、gradle wrapper
> gradle wrapper
:wrapper

BUILD SUCCESSFUL

Total time: 10.205 secs

> tree
フォルダー パスの一覧:  ボリューム ACER
ボリューム シリアル番号は 000000FA C68A:087D です
C:.
├─.gradle
│  ├─3.4
│  │  ├─file-changes
│  │  └─taskHistory
│  └─buildOutputCleanup
└─gradle
    └─wrapper

  • gradlew tasks
    • 自動的にバイナリのダウンロードおよびセットアップが実行
> .\gradlew.bat tasks
Downloading https://services.gradle.org/distributions/gradle-3.4-bin.zip
Unzipping C:\Users\piroto\.gradle\wrapper\dists\gradle-3.4-bin\aeufj4znodijbvwfbsq3044r0\gradle-3.4-bin.zip to C:\Users\piroto\.g
radle\wrapper\dists\gradle-3.4-bin\aeufj4znodijbvwfbsq3044r0
:tasks

------------------------------------------------------------
All tasks runnable from root project
------------------------------------------------------------

Build Setup tasks
-----------------
init - Initializes a new Gradle build. [incubating]
wrapper - Generates Gradle wrapper files. [incubating]
   :

  • Gradleラッパーを使用する場合、タスクの実行には、gradlewを利用する
  • バージョンを固定できる
  • CIツール利用時に、Gradleインストール不要

ビルド

 ビルドの入力情報

Groovyスクリプト

項目 デフォルトファイル名 内容
初期化スクリプト init.gradle ビルドで最初に実行される
設定スクリプト settings.gradle プロジェクト設定を行う
ビルドスクリプト build.gradle ビルド定義を行う

環境変数/コマンドライン引数

  • Gradleがインストールされているマシンの環境変数
  • ビルド実行時にコマンドラインから渡す引数

buildSrcプロジェクト

  • プロジェクトディレクトリ

 ビルドの流れ

  1. コマンドの解析〜Gradleの起動
  2. スクリプトファイルの初期化
  3. プロジェクトの設定
  4. タスクの実行

 アーキテクチャ

仕組み

仕組 内容
設定の自動ロード 実行マシン固有の設定を自動的にロードできる
プロジェクトの探索 マルチプロジェクトでもシングル同様探索
タスクグラフ タスクの依存関係に従ったタスク実行を担保

標準機能

機能 内容
ファイル操作 ディレクトリ作成、ファイル削除など
ロギング 独自のロギング機能

スクリプトファイル

 構造

  • スクリプトファイルは、ステートメントとスクリプトブロックの2つの構造で成り立つ
  • Groovyスクリプトがベース

ステートメント

  • ローカル変数、プロパティ、メソッド実行など、プログラミングでのステートメントと同様
// ステートメント
xxx = ''

スクリプトブロック

// スクリプトブロック
設定 {
  // 設定のための領域
}

 共通要素

変数

変数 概要 使用可能
ローカル変数 宣言されたスコープで有効 すべて
システムプロパティ システムの情報を保持 すべて
拡張プロパティ ドメインオブジェクトを拡張 すべて
プロジェクトプロパティ プロジェクトで使用する ビルドスクリプト

 スクリプトブロックとドメインオブジェクト

  • スクリプトファイルは、Gradleのドメインオブジェクトに移譲され
  • thisは移譲されたドメインオブジェクトを表す
  • スクリプトブロックはクロージャを引数とするメソッド
  • クロージャは、何かのオブジェクトに移譲されて実行される。クロージャに記述する内容は処理を移譲するオブジェクトが許容できるものである必要がある

スクリプトファイルに記述する定義は、GradleドメインオブジェクトそのものへのAPI呼び出しと同義

主要なスクリプトブロック



参考



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto