トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Flask


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

Flask

[Python][Angular]


インストール

> pythoh -m venv flask
> cd flask\Scripts
> activate
(flask)> pip install Flask

 Visual Studio Code

// 既定の設定とユーザー設定を上書きするには、このファイル内に設定を挿入します
{
    "python.pythonPath": "C:\\workspaces\\venv\\flask\\Scripts\\python",
        "python.autoComplete.extraPaths": [
        "C:\\workspaces\\venv\\flask\\Lib\\site-packages"
    ],
    "python.linting.enabled": false,
}

 Git

ローカルリポジトリを初期化
> git init
ローカルリポジトリにコミット
> git add .
> git commit -m "flask lesson init"
> git branch
* master
リモートリポジトリの設定
> git remote add origin https://github.com/pppiroto/flask_sample.git
リモートリポジトリにpush
> git push origin master

クイックスタート

 /hello.py

from flask import Flask

app = Flask(__name__)

@app.route('/')
def hello_world():
    return "Hello world!"

 サーバー起動

(flask) PS C:\workspaces\vscode\flask_sample> set-item env:FLASK_APP hello.py
(flask) PS C:\workspaces\vscode\flask_sample> python -m flask run
 * Serving Flask app "hello"
 * Running on http://127.0.0.1:5000/ (Press CTRL+C to quit)

デバッグモード

PS> set-item env:FLASK_DEBUG 1

 ルーティング

from flask import Flask

app = Flask(__name__)

@app.route('/')
def index():
    return 'Index Page'

@app.route('/hello')
def hello_world():
    return 'Hello world!'

 変数


@app.route('/user/<username>/<int:age>')
def show_user_profile(username, age):
    return 'User {0} {1}'.format(username,age)

<コンバーター:変数>
コンバーター 説明
string '/'以外のすべてのテキスト(デフォルト)
int 整数
float 浮動小数点数
path '/'を受け付ける
any 与えられるアイテムの一つに一致
uuid UUID文字列

 ユニークURL / リダイレクトの振る舞い

  • FlaskのURLルールは、Werkzeugのルーティングモジュールに基づく
  • このモジュールの背後にあるアイディアは、Apacheなど過去のHTTPサーバーの先例にもとづいた、美しくユニークなURLをを保証すること。
@app.route('/projects/')
def projects():
    return 'The project page'

@app.route('/about')
def about():
    return 'The about page'
  • これらは同じように見えるが、末尾の/の扱いが異なる。
  • projectsエンドポイントのための正統なURLは末尾に/を伴う。ファイルシステムのフォルダと同様
  • 末尾の/がない状態で、アクセスした場合、Flaskは末尾に/がある正統なURLにリダイレクトする
  • 末尾の/ない例は、ファイルシステムのファイルと同様、末尾に/を伴ってアクセスされた場合、404 Not Foundエラーとなる

 URL 生成

  • url_for()関数は、関数名を最初の、関数の引数を以降の引数としてとり、URLを生成する
from flask import Flask,url_for

app = Flask(__name__)

@app.route('/')
def index():
    return 'Index Page'

@app.route('/hello')
def hello_world():
    return 'Hello world!'

@app.route('/user/<username>/<int:age>')
def show_user_profile(username, age):
    return 'User {0} {1}'.format(username,age)

@app.route('/urls')
def print_urls():
    return '''
        <ol>
        <li>index() = {0}
        <li>hello_world() = {1}
        <li>show_user_profile('piroto',46) = {2}
        </ol>
    '''.format(
        url_for('index'),
        url_for('hello_world'),
        url_for('show_user_profile',username='piroto',age=46))

 HTTP メソッド

from flask import request
 
@app.route('/method_check', methods=['GET','POST','HEAD'])
def method_check():
    if request.method == 'GET':
        return "HTTP METHOD GET"
    return "HTTP METHOD {0}".format(request.method)

 静的ファイル

@app.route('/static_path')
def print_static_file_url():
    return url_for('static', filename='style.css')

 テンプレート

  • Flaskでは、Jinja2テンプレートエンジンが自動で設定される
  • アプリケーションがモジュールか、パッケージ化によって、以下の構成のtempletesフォルダに配置する
モジュール
/アプリケーション.py
/templates
    /テンプレート.html
パッケージ
/アプリケーション
    /__init__.py
    /templates
        /テンプレート.html

テンプレート利用
from flask import Flask, render_template
@app.route('/render_sample/<param>')
def render_sample(param=None):
    return render_template('render_sample.html',param=param)
テンプレート
<!doctype html>
<title>Rendering Sample</title>
{% if param %}
  <h1>Parameter : {{ param }}!</h1>
{% else %}
  <h1>No parameter found.</h1>
{% endif %}


  • テンプレートでは、request、session、および g オブジェクトにアクセスできる
  • g オブジェクトは、必要に応じて情報を格納できる
  • テンプレートは特に[継承|]http://flask.pocoo.org/docs/0.12/patterns/templateinheritance/#template-inheritanceされる場合有用
  • 基本的にテンプレートは各ページにヘッダーやナビゲーションなどを確実に表示する

自動エスケープ

  • 自動エスケープは有効
  • 安全と確信できる場合、Markupクラスもしくは、 |safeフィルターを使用する
テンプレート
<!doctype html>
<title>Safe Rendering Sample</title>
<p>{{ param1 }}</p>
<p>{{ param2 }}</p>
<p>{{ param3 | safe}}</p>
from flask import Markup
@app.route('/render_safe_var')
def render_safe_var(param=None):
    return render_template('render_safe_var.html', 
        param1="<h2>Sub title</h2>",
        param2=Markup("<h2>Mark up Sub title</h2>"),
        param3="<h2>Safe filtered Sub title</h2>")

 リクエストデータへのアクセス

  • クライアントが送信したリクエストデータは、request グローバルオブジェクトにより提供される
  • context locals により、グローバルオブジェクトをどうやってスレッドセーフにし管理している

Context Locals

  • Flaskのグローバルオブジェクトは実際には特定コンテキストローカルオブジェクトのプロキシ

Tips

 Session


from flask import Flask, session
app = Flask(__name__, static_folder='app')
app.secret_key = "hoge"

def use_session:
    sessio["foo"] = "bar"

 CRSF

 Cookie

 テンプレート

ディレクトリを変える



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto