トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

C getopt_long


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

C getopt_long

2つのdashで始まる、いわゆる長いoptionを受け付ける。

#include <unistd.h>
#define _GNU_SOURCE
#include <getopt.h>
int getopt_long(int argc, char * const argv[],
                 const char *optstring,
                 const struct option *longopts, int *longindex);
  • longopts は struct option の要素からなる配列の、先頭要素へのpointer
  • 配列の最後の要素は、全て 0 で埋められていなければならない。

option 構造体
member 説明
name 長いoptionの名前
has_arg optionが引数を取るかどうかを指定。取らない:0、必ず取る:1、省略可能:2
flag NULLを指定した場合、optionが見つかると、valで指定した値を返す。NULL以外を指定した場合、optionが見つかると、0を返し、flagが示す変数に、valの値を書き込む
val optionが見つかったときに、返す値

#include <stdio.h>
#include <unistd.h>
#define _GNU_SOURCE#include <getopt.h>

int main(int argc, char *argv[])
{
  struct option lngopt[] = {
    {"optionA", 0, NULL, 0},
    {"optionB", 1, NULL, 0},
    {"optionC", 2, NULL, 0},
    {0, 0, 0, 0}
  };
  int opt;
  int option_index = 0;
  while((opt = getopt_long(argc, argv, "bc:a", lngopt, &option_index)) != -1){
    if (opt == 0) {
      printf("option %s",lngopt[option_index].name); 
      if (optarg){
        printf(" with arg %s" ,optarg);
      }
      printf("\n");
    }
  }
}

# ./a.out --optionA --optionB=bbbb --optionC=cccc
option optionA
option optionB with arg bbbb
option optionC with arg cccc


この本からの覚書。



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.