トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

MFC CString


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

VC++ Cstring

[VC++][VisualStudio 2008][MFC]


 階層

 特徴

  • 動的にメモリが割り当てられるため、サイズを気にしなくてよい
  • 便利な演算子とメンバー関数

 使用法

リテラルから生成


CString fromLiteral = _T("String from Literal.");

代入

  • オブジェクトの内容はコピーされる
  • 同一の実体を指すことはない
CString fromLiteral = _T("String from Literal.");
CString copiedString = fromLiteral;

結合

CString s1 = _T("This "); 
s1 += _T("is a ");
CString s2 = _T("test");
CString message = s1 + _T("big ") + s2;  
// Message contains "This is a big test".

CString -> int 変換

int i = _ttoi(str);

int -> CString 変換

CString str;
int i = 999;
_itot(i, str.GetBuffer(0), 10);
  • str.GetBuffer(0) : 文字列バッファの最小サイズ
  • 10 : 基数

評価

  • サイズが変化する動的なオブジェクトだが、基本的な組み込み型や単純なクラスと同じように評価される
  • CString の各オブジェクトは一意の値を持つ
  • 文字列へのポインタではなく実際の文字列と見なす必要がある

CString fromLiteral = _T("String from Literal.");
CString copiedString = fromLiteral;
if (fromLiteral == copiedString ) {
    pDC->TextOutW(10, 70, _T("Equal."));
} else {
    pDC->TextOutW(10, 70, _T("Not Equal."));
}
  • CString オブジェクトが同じ文字列を表しているため、"等価" と見なされる
  • CString クラスは等価演算子 (==) をオーバーロードして、オブジェクトの値 (内容) に基づいて 2 つの CString を比較する


文字へのアクセス

  • GetAt、SetAtを利用してアクセスできる
  • GetAtの場合、[]を利用することもできる
// 文字へのアクセス1
for( int i=0; i<fromLiteral.GetLength(); i++) {
    pDC->TextOutW(10 + (i * 20), 100,  CString(fromLiteral.GetAt(i)));
}
// 文字へのアクセス2
for( int i=0; i<fromLiteral.GetLength(); i++) {
    pDC->TextOutW(10 + (i * 20), 130,  CString(fromLiteral[i]));
}
// 文字へのアクセス3
fromLiteral.SetAt(1, _T('2'));
// fromLiteral[3]  =  _T('4'); // SetAtの代わりには使えない
pDC->TextOutW(10, 160, fromLiteral);

書式付

[書式]

CString name = _T("Yagi");
int age = 36;
CString profile = _T("name:%s, age:%d"); 
CString out = _T("");
out.Format(profile, name, age);

pDC->TextOutW(10, 190, out);



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.