トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Perl 文法


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

Perl

[Ruby]

コメント

  • 先頭に#をつける
#comment

変数

$age = 35;                       # $ではじめるとスカラ変数
print "my age is $age \n";       # ダブルクォート文字列
print 'my age is $age ' , "\n";  # シングルクォート文字列 変数展開されない 

宣言 変数
$ スカラ
@ 配列
% ハッシュ

数値演算


算術演算
$n1 = 2;
$n2 = 10;
print $n1 + $n2  , "\n";         # 加算
print $n1 ** $n2 , "\n";         # べき乗

文字列演算
$n1 = 2;
$n2 = 10;
print $n1 , $n2  , "\n";         # 連結(,)
print $n1 x $n2  , "\n";         # 繰り返し(x)

論理演算
$b1 = true;
$b2 = false;
print $b1 && $b2 , "\n";         # 論理積( and )
print $b1 || $b2 , "\n";         # 論理和( or  )
# print !$b1       , "\n";         # 否定  ( not )

配列

リスト配列
@week = ("sum", "mon", "tue", "wed", "thu", "fri", "sat");  # 宣言
print "$week[0] $week[1] $week[2] $week[3]\n";              # アクセス
$week_cnt = @week;
print "$week_cnt\n";                                        # 配列の個数

操作 内容
push 配列の末尾へ要素を追加
pop 配列の末尾の要素を削除
unshift 配列の先頭へ要素を追加
shift 配列の先頭の要素を削除
reverse 配列の順序を逆順
sort 配列の順序をソート

マップ配列
%eng_num = ("1", "one", "2", "two", "3", "tree");
print "$eng_num{'1'}\n";     # 取得

%alpha = (                   # 別の宣言方法
    "a" => "A",
    "b" => "B",
    "c" => "C"
);
print "$alpha{'b'}\n";

$lang{"1"} = "C";            # さらに別の宣言
$lang{"2"} = "C++";
$lang{"3"} = "Java";
print "$lang{'3'}\n";

操作 内容
keys すべてのキーを取り出す
values すべての値を取り出す
each 1組のキーと値を取り出す
delete 特定の要素を取り除く

eg.

@alpha_keys = keys(%alpha);

制御

選択
$cnd = 1;

if ($cnd == 1) {
    print "1";
} elsif ($cnd == 2) {        # elseif ぢゃない
    print "2";
} else {
    print "else";
}

繰り返し

for

for ($i=0; $i<5; $i++) {
    print "$i\n";
}

while

$check = 0;
while (true) {
    print "$check\n";
    if (++$check > 4) {
        last;                # break ぢゃない
    }
}

ファイル操作

読込
open IN, "<c:\\test.txt";
while ($line = <IN>) {
    print $line;
}    
close IN;

書出し
open OUT, ">c:\out.txt";
print OUT "Hello!";
close OUT;

サブルーチン

print add(5, 6);

sub add {
    ($n1, $n2) = @_;       # パラメータの受取
    
    return ($n1 + $n2);    # 戻値
}

ローカル変数、My変数のスコープ
種類 スコープ
local 変数を宣言したサブルーチンから呼び出したサブルーチンでも参照できる。
my いわゆる自動変数。宣言したサブルーチンからのみ参照できる。

正規表現

[正規表現]

$s = "30/Jan/2007:02:39:34 +0900";
# 一致 =~
if ($s =~ /([0-9]{4}:[0-9]{2}:[0-9]{2})/) {
	print "$1\n";
}
# 不一致 !~
if ($s !~ /abc/) {
	print "no match\n";
}

指定されたパートは存在しません。

書式

[書式]

printf("%05d $line", $lin_num);

型指定
記号 内容
s 文字列
d 整数
f 浮動小数点

フラグ
フラグ 内容
- 左詰め
0 左側を0埋め



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.