トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Apache Wicket


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

Apache Wicket

 Wicketってなに

オブジェクト指向
  • WicketはJavaのオブジェクト指向言語としての機能を最大限に活用。
  • Strutsのような設定ファイルを持たない。唯一の設定ファイルは「web.xml」
  • プログラマは自由にページを「継承」したり、機能を「委譲」したりすることがでる

HTMLをそのまま使う
  • JSPのようなページ・テンプレートも否定
  • HTMLファイルをそのままテンプレートとして使用
  • HTMLにもともと存在する属性をWicketが使うこともほぼない
  • 利用するのは、HTMLエディタが無視してくれる、独自の「wicket:id」属性だけ
  • HTMLファイルをJSPに変換するための余計な労力は発生しない

コンポーネント指向
  • ページをオブジェクトとして扱う。
  • ページそのものが複数の「コンポーネント」の組み合わせでできていると考える
  • 「テキストフィールド」や「ラベル」「ラジオボタン」という各要素もコンポーネントの一種
  • コンポーネントはただのオブジェクトであって、入力補完をしてくれるフィールドや、日付選択用のボタンのついたフィールドなども「コンポーネント」
  • 複数のコンポーネントを組み合わせた、例えば「ログインフォーム」「コメントフォーム」などもコンポーネント。複数の画面で再利用可能
  • Ajax対応コンポーネントをページに追加するだけで、Ajax化されてウェブページを作ることができる。

ステートフル
  • アプリケーションには状態があるが、HTTPという通信プロトコルには本来「状態」という概念がない。
  • サーブレットはこの問題を上辺だけで解決してきた。管理はすべてプログラマまかせ。
  • Wicketはページの状態をフレームワークが保持します。入力値やページの変更も「状態」として保持
  • Wicketではページの状態をWicketが保持するから、ページに単純に値を保持できます。
  • ページを「オブジェクト」として作ることができる
  • サーブレットはサーブレット内に値を持つこと自体が禁止されていたのと対照的(状態はすべて「セッション」に保持して自分で管理しなければいけなかった)



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.