トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

C getopt


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

C getopt


getopt を利用することで、option指定方法のguidelineを簡単に実現できる。
独自の値をとるoption、取らないoptionの両方をsupportする。

#include <unistd.h>
int getopt(int argc, char *const argv[], const char *optstring);
extern char *optarg;
extern int optind, opterr, optopt;
  • optstringは、programで指定するoptionと、各optionが独自の値をとるかどうかを指定する。
  • 文字の後に : がついている場合、そのoptionが、引数をとる
  • 戻り値は、配列argvの中で見つかった、次のoption文字。
  • optionが値をとる場合、外部変数 optargに値がセットされる

#include <unistd.h>
#include <stdio.h>
extern char *optarg;extern int optind, opterr, optopt;

int main(int argc, char *argv[])
{
  int i = 1;  char c;
  char os[3] = {'\0',':','\0'};  
  for( c = 'a'; c <= 'z'; c++) {
    os[0] = c;    
    int opt = getopt(argc, argv, (const char*)&os);
    if (opt > -1) {
      printf("[%d]%c : %s\n", (i++), opt, optarg);
    }
  }
}

# ./get_opt -a optionA  -b optionB -c optionC 
[1]a : optionA
[2]b : optionB
[3]c : optionC

この本からの覚書。



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.