トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Linux システム起動時に実行する処理


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

Linux システム起動時に実行する処理

[Linux]

  • ランレベルごとに細かく制御する必要がなければ、rc.localに書いておく。

 初期設定とランレベルの切り替え

initプロセスが実行する内容はランレベルごとにさまざまだが、詳細は/etc/rc.d以下のディレクトリとスクリプトファイルに記載されている。

rc.sysinit

  • システム起動時に、initプロセスによって開始されるスクリプト。
  • ファイルシステムのマウントなど、Linuxを利用可能にするための作業を処理

rc.local

  • rc.sysinitによって呼び出されるスクリプト。
  • システムの起動に影響を与えるカスタマイズをローカルに行う。
  • rc.sysinitを直接変更すと、システムのアップグレードの際に変更内容が失われることがあるため、代わりにこちらに変更内容を記述する。

rc

ランレベルの切り替えに使用される。

init.d

  • システム上のサービスごとに起動とシャットダウンスクリプトが用意されており、このディレクトリに格納される
  • 各スクリプトは標準の基本的な形式を採用し、引数をひとつだけとる
  • どのスクリプトでも有効な引数は startとstop。その他、restart,status,reloadなど

/etc/rc.d/initd/httpd stop
/etc/rc.d/initd/httpd start



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.