トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

UWP 開発メモ


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

UWP 開発メモ

[Universal Windows Platform]

Windows SDK


Windows Template Studio

 インストール

  1. メニュー[ツール]−[拡張機能と更新プログラム]
  2. ダイアログの左側で[オンライン]を選択し、右上の検索窓に「"Windows Template Studio"」と入力、検索すると見つかる
  3. [ダウンロード]ボタンをクリック


Windows Community Toolkit

 インストール

  1. Visual Studio 2017以上
  2. Build 16299以上のプロジェクト
  3. NuGetパッケージの管理から、Microsoft.Toolkit.UWP を検索し必要なパッケージをインストール

 参照

XAML

xmlns:controls="using:Microsoft.Toolkit.Uwp.UI.Controls"

C#

using Microsoft.Toolkit.Uwp;

Entity Framework Core


 インストール

  1. NuGetパッケージマネージャー Microsoft.EntityFrameworkCore.Sqlite

 Sqlite3ファイルが生成される場所

  • ApplicationData.Current.LocalFolder.Path

 ソリューションの構成

  1. UWPプロジェクト(Universal Windows)
  2. Modelプロジェクト(.NETStarndard Library + EntityFrameworkCore.Sqlite + EntityFrameworkCore.Tools)
  3. 移行プロジェクト(ダミー)(.NETCore Console)

 移行


パッケージマネージャーコンソールから以下を実行


  1. プロジェクトの構成
    1. DbContextのサブクラス
    2. DbSet<モデル>
    3. context.Database.Migration() の呼び出し記述
  2. 初期マイグレーションの構成
    1. 移行プロジェクト(ダミー)をスタートアッププロジェクトに設定
    2. 既定のプロジェクトに、Modelプロジェクトを指定
    3. PM> Add-Migration {初期Migration名}
    4. ModelプロジェクトのMigratinosディレクトリにDbContextのリフレクションにより移行スクリプトが構成される
  3. UWPアプリの実行
    1. context.Database.Migration() の呼び出し
    2. Sqliteデータベースが作成、マイグレーション実行
  4. データベースの確認
    1. select * from __EFMigrationsHistory にマイグレーション情報
  5. 変更マイグレーション
    1. モデルの追加・変更などをModelプロジェクトに適用
    2. 移行プロジェクト(ダミー)をスタートアッププロジェクトに設定
    3. 既定のプロジェクトに、Modelプロジェクトを指定
    4. PM> Add-Migration {変更Migration名}
    5. ModelプロジェクトのMigratinosディレクトリにDbContextのリフレクションにより移行スクリプトが構成される
  6. 以下繰り返し

 Powershellコマンド

初期移行

Add-Migration {任意のマイグレーション名}
  • ディレクトリの下で 3 つのファイルがプロジェクトに追加

ファイル 内容
00000000000000_{任意のマイグレーション名}.cs メインの移行ファイル。 (Up() で) 移行を適用し、(Down() で) それを元に戻すために必要な操作が含まれます。
00000000000000_{任意のマイグレーション名}.Designer.cs 移行メタデータ ファイル。 EF によって使用される情報が含まれます。
MyContextModelSnapshot.cs 現在のモデルのスナップショット。 次の移行を追加するときの変更内容の決定に使用されます。

データベースを更新

Update-Database

移行の削除

  • 移行の追加後、適用する前に EF Core モデルの追加変更が必要なことに気付く場合があります。 最後の移行を削除するには、このコマンドを使用
Remove-Migration

移行を元に戻す

  • 移行をデータベースに既に適用しているが、元に戻す必要がある場合、同じコマンドを使用して移行を適用できますが、ロールバックする移行の名前を指定
Update-Database {ロールバックする移行の名前}

SQLスクリプトを作成

Script-Migration

実行時に移行を適用

  • 起動中または最初の実行中、実行時に移行を適用するアプリがあります。 Migrate() メソッドを使用してこれを行います
myDbContext.Database.Migrate();

MVVM Light

RelayCommand

コマンドパラメータなし
  • XAML
<Button Content="Add"  Command="{x:Bind ViewModel.AddCommand}" />
  • ViewModel
public RelayCommand AddCommand { get; private set; }
    = new RelayCommand(async () => {
        await new MessageDialog("Foo", "Bar").ShowAsync();
    });



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.