トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

XPath


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

XPath

http://www.techscore.com/tech/XML/XPath/xpath01-2.html
http://www.w3.org/TR/xpath
Java XPath

XPath のデータモデル

XML データを以下の 7 種類のノードから構成されるツリーと考える。

  • ルートノード:最上位ノード
  • 要素ノード:XML の要素を表すノード
  • テキストノード:開始タグと終了タグで挟まれた文字列データ
  • 属性ノード:要素内で指定された属性を表すノード
  • 名前空間ノード:名前空間 (Namespace) を表すノード
  • 処理命令ノード:処理命令 (Processing Instruction) を表すノード(処理命令とは <? と ?> で挟まれた一文のこと)。XML 宣言は処理命令の形をしていますが、XML 1.0 の構文上、処理命令ではないため、XML 宣言は処理命令ノードとしては扱いません。
  • コメントノード:コメントを表すノード(ただし、ドキュメント型宣言内に記述するコメントを除きます)

コンテキストノード

  • 通過点を指定することにより目的のデータに至る経路のことをロケーションパスという

aaa
 + bbb
    + ccc
       + ddd

という構造を bbb->ccc->dddとたどるとき、起点となる aaa をコンテキストノード、bbb/ccc/ddd をロケーションパスという

ロケーションパス (簡略な記述法)

  • ロケーションパスの書き方には、厳密かつ詳細に記述する書き方と、簡略に記述する書き方の 2 つがある
  • 以下の構文で示されたものを 1個以上 "/"で繋いだものがロケーションパスとなる。
  • ひとつのロケーションパス式の評価が終わるとコンテキストノードは最初にあったノードに戻る
構文 意味
para コンテキストノードの子要素 para を選択
* コンテキストノードのすべての子要素を選択
text() コンテキストノードのすべての子テキストノードを選択
@name コンテキストノードの name 属性を選択
@* コンテキストノードのすべての属性を選択
para[1] コンテキストノードの 1番目の子要素 para を選択
para[last()] コンテキストノードの最後の子要素 para を選択
//para ルートノードの子孫ノードから要素ノード para をすべて選択。つまり、コンテキストノードと同じ文書内のすべての para 要素を選択
.(ピリオド) コンテキストノードを選択
..(ダブルピリオド) コンテキストノードの親を選択
chapter[title="Introduction"] コンテキストノードの子要素 chapter のうち、文字列値が Introduction である子要素 title を 1個以上持つものを選択
chapter[title] コンテキストノードの子要素 chapter のうち、子要素 title を 1個以上持つものを選択
employee[@secretary and @assistant] secretary 属性と assistant 属性の両方をもつコンテキストノードの子要素 employee をすべて選択

ロケーションパス

ロケーションパスは "/" で区切られた 1つ以上のロケーションステップと呼ばれる単位からなっており、以下の 3つのパートからなる。
パート 説明
選択するノードとコンテキストノードとの間のツリー上の位置関係を指定する
ノードテスト 選択するノードのノード型と名前を指定する
述語 選択するノードの集合を、任意の式を使用してさらに細かく選別する


ここまで、メモした
http://www.techscore.com/tech/XML/XPath/xpath03.html

XPathの基本

<Media>
  <Book Author="a1" Title="t1"/>
  <Book Author="a2" Title="t2"/>
  <Book Author="a3" Title="t3"/>
  <CD Artist="a4" title="t4"/>
  <DVD Directory="d1" Title="t5">
    <Actor>A1</Actor>
    <Actor>A2</Actor>
  </DVD>
</Media>
  • 「/」 は最も一般的な演算子で目的の要素へのパスを構築できる(eg:Media/CD)
    • Media/Book を選択すると以下が生成される
<Book Author="a1" Title="t1"/>
<Book Author="a2" Title="t2"/>
<Book Author="a3" Title="t3"/>
  • XPathによって、ノードのリストまたは単一のノードが生成されるという考え方はXMLバインディングを学ぶ上で極めて重要
  • XMLでは要素の属性の両方がXMLノードとみなされる
  • XPathは実際には要素だけでなくノードを選択することによって機能する
  • 属性名を参照するには 「@」を演算子を使用する
    • Media/Book/@Title を使用すると、次の内容が返る(XmlAttributeNode型)
Title="t1"
Title="t2"
Title="t3"
  • 「*」演算子を使用すると、任意の名前付きノード(属性または要素)を取得できる
  • 「[]」演算子を使用すると、位置または属性によってノードを選択できる(インデックス 1ベース)
    • Media/Book[1] を選択すると以下が生成される
<Book Author="a1" Title="t1"/>
  • 属性による選択
    • Media/Book/[@Author="t1"]
<Book Author="a1" Title="t1"/>

XPath 説明
/ ルート以下を選択 /
//NAME 任意の子孫のNAMEというタグにマッチ //Book
@NAME NAMEという属性にマッチ //Book/@Author
* 任意のタグにマッチ //*/@Author
@* 任意の属性にマッチ //Book/@*
NAME NAMEというタグにマッチ /Media
[] 位置または属性によって子タグを選択 //Book[1],//Book[@Author='a1']



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.