トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Django APIs


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

Django APIs

[Django][Python]

View レイヤー

 shortcut

render_to_response

  • テンプレートとともにコンテキスト辞書を与えると、テキストが描画されたHttpResponseオブジェクトを返す
render_to_response(template[, dictionary][, context_instance][, mimetype]) 

Model レイヤー

 Field オプション

Field.null

  • True に設定すると、エンプティ値をNULLとしてデータベースに格納する。
  • デフォルトはFalse

Field.blank

  • True に設定すると、ブランク値が許容される。デフォルトはFalse。
  • 純粋にデータベースの問題である、null オプションとは異なり、値の妥当性検査に関係する。Falseの場合、入力必須となる。

Field.choices

  • 選択フィールドとして、2 要素を持つタプルの繰り返しを利用する。
  • Django admin は、このオプションが与えら得れた場合、テキストフィールドの変わりにセレクトボックスを利用する。
from django.db import models
class MyModel1(models.Model):
    WEEK_CHOICES = (('0','Sun'),('1','Mon'),('2','Tue'),('3','Wed'),('4','Thu'),('5','Fri'),('6','Sat'))
    week = models.CharField(max_length=1, choices=WEEK_CHOICES)

Field.db_column

  • データベースのカラム名を指定する。指定しない場合、フィールド名を使用する。

Field.db_index

  • True に設定した場合、以下のようにCREATE INDEX 文を出力できる。
C:\work\py\django\mysite>python manage.py sqlindexes myapp1
BEGIN;
CREATE INDEX "myapp1_mymodel1_field1" ON "myapp1_mymodel1" ("field1");
COMMIT;

Field.db_tablespace

  • フィールドにインデックスを張る場合に使用するテーブルスペースを指定。
  • デフォルトは、DEFAULT_INDEX_TABLESPACE セッティング
  • バックエンドがサポートしない場合は無視される。

Field.default

  • フィールドのデフォルト値
  • 呼び出し可能オブジェクトを指定することもできる。その場合、呼ばれるたびに新規オブジェクトが作成される。

Field.editable

  • False に設定すると、モデルクラスから自動的に生成される、admin もしくは forms においてフィールドは編集不可になる。

Field.help_text

Field.unique

Field.unique_for_date

Field.unique_for_month

Field.verbose_name

 Field タイプ

AutoField

  • 自動的に有効なIDをインクリメントして取得する IntegerField 。
  • 主キーフィールドはモデルに暗黙的に追加され、AutoFieldとなるため、通常は直接使用する必要はない。
  • save メソッドを呼び出すまでは None

BooleanField

項目
デフォルトWidget CheckboxInput
未設定時 False
値の正規化 True or False
バリデーション チェックがONの場合True
エラーメッセージのKey required
from django.http import HttpResponse
from django.template import Context, loader
from django.forms import *

def index(request):
    t = loader.get_template('foobar/index.html')
    form = None
    result = ''
    if request.method == 'POST':
        form = HogeForm(request.POST)
        if form:
            if form.is_valid():
                pass
           (略)
    
class HogeForm(Form):
    is_foo = BooleanField(required=False)

【注意】required=False

Field の派生クラスは、バリデーションの設定が、required=Trueだが、required=False としないと、チェックONでない場合、form.is_valid()が失敗してしまう。

CharField

CommaSeparatedIntegerField

DateField

DateTimeField

DecimalField

EmailField

FileField

FilePathField

FloatField

ImageField

IntegerField

IPAddressField

NullBooleanField

PositiveIntegerField

PositiveSmallIntegerField

SlugField

SmallIntegerField

TextField

TimeField

URLField

XMLField


Forms

 Built-in Field

BooleanField

CharField

ChoiceField

項目
デフォルトWidget Select
未設定時 '' (空文字)
値の正規化 ユニコードオブジェクト
バリデーション リストの値に存在
エラーメッセージのKey required、invalid_choice
使用例
  • Form
from django.forms import *

class FooForm(Form):
    CHOICE_LIST = (('01','ham'),('02','spam'))
    bar = CharField(widget=Select(choices=CHOICE_LIST))

    def conv(self, data):    
        choiced = self.cleaned_data['bar']
               :
  • テンプレート
<form action='/hogehoge/' method='POST'>
  {% if form %}
  BAR:{{form.bar}}
  {% endif %}

TypedChoiceField

DateField

DateTimeField

DecimalField

EmailField

FileField

FilePathField

FloatField

ImageField

IntegerField

IPAddressField

MultipleChoiceField

NullBooleanField

RegexField

TimeField

URLField


 Built-in widgets

TextInput

PasswordInput

HiddenInput

MultipleHiddenInput

FileInput

DateInput

DateTimeInput

TimeInput

Textarea

行列を指定する例
from django.forms import *
class HogeForm(Form):
    data = CharField(widget=Textarea(attrs=dict(rows='40', cols='50')))

CheckboxInput

Select

NullBooleanSelect

SelectMultiple

RadioSelect

CheckboxSelectMultiple

MultiWidget

SplitDateTimeWidget

SelectDateWidget

Template レイヤー

 タグ

変数

  • 変数は、{{ variable }} のように記述する。
  • ピリオド"." で、変数の属性を参照できる。

for

forループの中で利用できる変数
変数 内容
forloop.counter 1 から始まるカウンタの現在位置
forloop.counter0 0 から始まるカウンタの現在位置
forloop.revcounter 1 から始まり最後から現在していくカウンタの現在位置
forloop.revcounter0 0 から始まり最後から現在していくカウンタの現在位置
forloop.first 繰り返し最初の要素の場合True
forloop.last 繰り返し最後の要素の場合True
forloop.parentloop ネストしたループの場合、親ループの現在の値を参照

配列の各要素をループする。
  • views.py
def index(request):
    ctx = {}
    ctx['rows'] = range(1,4,1)
    return render_to_response('test/index.html', ctx)
  • index.html
<table>
  {% for i in rows %}
  <tr><td>{{ i }}</td><td><input type="text"></td></tr>
  {% endfor %}
</table>
  • 結果

アイテムを繰り返し処理する
{% for itm in item_list %}
  <a href="{{itm.detailPageURL}}"><img src="{{itm.smallImageURL}}"/></a> 
 {% endfor %}

if と else

  • 変数を評価し、変数が true なら ブロックを表示する
{% if rows %}
  rows size : {{ rows|length }}.
{% else %}
  no rows.
{% endif %}
結果


ifequal

  • 2 つの引数が等しい場合にブロックを出力する。
{% ifequal style 'text' %}
  <div>
    スタイル変数が 'text' の場合このブロックを出力
  </div>
{% endifequal %}

 テンプレートの継承

基底
  • 派生でオーバーライドする箇所を、block [名前] 〜 endblock で作成
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
  <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
  {% block html_header %}
  {% endblock %}
</head>
<body>
  {% block content %}
  {% endblock %}
</body>
</html>

派生
  • 基底ファイルを extends で指定
  • オーバーライドする箇所を block [名前] 〜 endblock で記述
{% extends "base.html" %}
{% block html_header %}
  <script type="text/javascript"><!-- 
  //--></script>
  <title>Title</title>
{% endblock %}
{% block content %}
  Content
{% endblock %}

 HTMLをそのまま出力する

  • |safeとする
{{digest.summary|safe}}

 フィルター


default

  • 変数が、false か 空の場合、デフォルトを表示する。そうでない場合は、変数の値を表示する。
{{ value|default:"nothing" }}

length

  • 長さを返す。
{{ value|length }}

striptags

  • タグを除いた値を返す。
{{ value|striptags }}

divisibleby

  • 値が引数で割り切れるかどうか判定。割り切れれば True
  • mod 演算の代替として使える
<table>
  <tr>
  {% for num in numlist %}
    <td align='right'>{{ num }}</td>
    <td><input type='text' size='6'></td>
    {% if num|divisibleby:"4" %}
    </tr><tr> 
    {% endif %}
  {% endfor %}
  </tr>
</table>
結果

Forms



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.