トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

subversionの導入


RSS 無料英単語

目次



記事一覧

キーワード

subversionの導入

[subversion][Eclipse][CentOS 初期設定]

前提


参考

 サーバーの設定

subversionのインストール

# yum install subversion

# yum install mod_dav_svn.so


リポジトリの作成

# mkdir /var/www/svn
# cd /var/www/svn
# svnadmin create repo
# chown -R apache.apache repo

パスワードの設定

# htpasswd /etc/httpd/.passwd svn

設定ファイルの変更

/etc/httpd/conf.d/subversion.conf

<Location /svn>
  DAV svn
  SVNParentPath /var/www/svn
 
  # Limit write permission to list of valid users.
  <LimitExcept GET PROPFIND OPTIONS REPORT>
     # Require SSL connection for password protection.
     # SSLRequireSSL

     AuthType Basic
     AuthName "Authorization Realm"
     AuthUserFile /etc/httpd/.passwd  <- 上で作成したパスワードファイルを指定
     Require valid-user
  </LimitExcept>
</Location>

サーバー再起動

# /sbin/service httpd restart


 クライアント(subclipse Eclipse プラグイン)

subclipse 既存のプロジェクトをSVNにインポート

[subclipse]

ダウンロードして解凍して、eclipseフォルダへ上書き

http://subclipse.tigris.org/

プロジェクトを選択し、コンテキストメニューから Team

SVNを選択
上記で設定したロケーションを設定
そのまま次へ
完了
設定したユーザ名、パスワードを設定
取り込み画面

別のクライアントからチェックアウト



SVNビューを開く
リポジトリロケーションを追加
上記で作成したURLを指定
インポートした情報が表示される
コンテキストメニューからチェックアウトを選択
プロジェクトとしてチェックアウト



 コマンドラインからの準備方法(メモ)

ユーザの作成

# useradd svn
# passwd svn

リポジトリの作成

# su svn
$ mkdir /home/svn/svnrepo
$ svnadmin create /home/svn/svnrepo/fugitive
$ ls /home/svn/svnrepo/fugitive
README.txt  conf  dav  db  format  hooks  locks

リポジトリにディレクトリを作成

$ svn ls file:///home/svn/svnrepo/fugitive
$ svn mkdir -m 'create trunk' file:///home/svn/svnrepo/fugitive/trunk
リビジョン 1 をコミットしました。
$ svn mkdir -m 'create branches' file:///home/svn/svnrepo/fugitive/branches
リビジョン 2 をコミットしました。
$ svn mkdir -m 'create tags' file:///home/svn/svnrepo/fugitive/tags
リビジョン 3 をコミットしました。
$ svn ls file:///home/svn/svnrepo/fugitive
branches/
tags/
trunk/



YAGI Hiroto (piroto@a-net.email.ne.jp)
twitter http://twitter.com/pppiroto

Copyright© 矢木 浩人 All Rights Reserved.